ジャイアントのデファイ3と4の違いを分析


スポンサーリンク

快適性を高めたコンフォートモデル、ジャイアント デファイ3か4かどちらを買うべきかインプレッション。

giand defy3 2016

価格差はDEFY4が85000円、DEFY3が100000円で、その差は15000円。

メインのフレーム&フォークはどちらも共通で差は無し。
ジャイアント デファイ3 2016 ロードバイク

変速性能

シマノのSORA18段変速とCLARIS16段で、デファイ3の方が2段多くより細かいギア選択ができる。
どちらもフロント34/50T、リア11-32Tで一番重いギア、軽いギアの幅は共通。
変速で最も重要なフロントクランクがDEFY3はSORAを使用し高い性能、DEFY4はFSAのクランクなのでスムーズさが劣る。
幅広いスピード域を使うとフロント変速も多用するので、フロントクランク性能が重要。



スポンサーリンク

ブレーキ力

ブレーキ本体はTEKTRO R312でどちらも頼りない点は共通。
レバーはソラとクラリスで異なりますが、レバー側の影響は少ないのでブレーキ力は同等レベル。
DEFY4の方が上ハンドルを握っている時に使えるサブレバーが付属するので、初心者には使いやすい。
DEFY3にサブレバーを取り付けたり、DEFY4のサブレバーを取りはずことも3000円程度できるので、購入後に気軽に変更ができます。

足回り性能

ホイールスペック、回転を支えるハブはどちらも共通。
タイヤも25Cで同グレードなので、加速、巡航性能は変わらず。

結論

変速のギア数、フロントの変速を考えると15000円の価格差は十分に元が取れる。
重量も300g軽量なので、DEFY3がおすすめ。

[バイクページ用10万クラス]



スポンサーリンク