ビアンキのインパルソ(IMPULSO)を買って良いか考える

スポンサーリンク

ビアンキのインパルソ(IMPULSO)を通勤、休日の運動用に使おうとした時。他の人気のロードバイクと比べて、フレーム設計、価格、スペックの観点で失敗が無いか比較してみる。

ビアンキ インパルソのインプレッション

ビアンキブランドのイメージは?

イタリアの老舗ブランドで、世界的に見ても歴史が長い。

美しいチェレステカラーが魅力の上品なデザインで女性に特に人気。

インパルソとよく比べられるロードバイクは?

ジャイアントのTCR

FELTのFアルミシリーズ

スコットのスピードスターシリーズ

休日の運動に使うなら 1日30km前後

おすすめ度☆☆☆☆

安定性の高いハンドリングなので、ロードバイクでのんびり長距離を走りたい人にはおすすめ。

ロングライドで使うなら 1日80km以上

おすすめ度☆☆☆☆☆

ロードバイクの軽快さと低速安定性があるので、ソロで走り続けたい人には一番向いています。

宿泊を含む旅で使うなら

おすすめ度☆☆

ツーリング向きの設計ですが、タイヤが25cまでの細い物しかつかないのと、リアキャリアも取り付けられないので、大きな荷物が運べません。

自転車通勤に使うなら

おすすめ度☆☆☆

荷物がリュックに入るぐらいの量であれば低速でも走りやすくおすすめです。

買い物に使うなら

おすすめ度☆

全く荷物が積めないので、おすすめしません。

レースで使うなら

おすすめ度☆☆☆☆



Sponsored Links

ピュアレーサーに比べると反応性やハンドルのキレが劣りますが、ホビーレースなら十分使えるレベルです。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

ビアンキ インパルソ 2016年モデルのグレード別特長

インテンソ ティアグラ

価格¥160,000
おすすめライディングスタイル

初めてのアルミロードバイク。

週末の運動でのんびり走りたい。

できるだけ予算は抑えて、軽量化などは狙わない。

スペックの注意点

変速機、ブレーキまでシマノのティアグラで統一されているので、品質は良い。

ただ、定価はティアグラ10段変速を装備したGIANTやFELTなどと比べるとやや高め。

インテンソティアグラ 公式サイト

モデル名インテンソ 105

ビアンキ インテンソ 105 2016

価格¥187,000
おすすめライディングスタイル

ロングツーリングやヒルクライムレースなど、本格的にロードレースイベントを楽しみたい人。

105グレードの変速機で、変速がスムーズで、ブレーキコントロールも素晴らしい。

スペックの注意点

ティアグラグレードと同じく、シマノフルコンポで組まれているので、後で交換が必要なパーツが少ない。

価格は他のブランドよりもやや高め。トータルで考えると差はほとんど無い。

インテンソ105 公式サイト

予算で迷っている方向け目的別予算の決め方はこちら

次ページは取り付けられるオプションパーツについて



Sponsored Links