お値段以上のフレーム フェルト F85を買うべきか?


スポンサーリンク

高性能なフレームに変速性能を高めたフェルトF85

felt f85 2017

店では教えてくれないF85の乗りやすさ、軽さ、耐久性、変速性能を独自の視点で分析。
本当に買うべきモデルか検証。

ピュアレーサーとして開発されているフェルトのF85をインプレッション。

F85価格

2017年モデル 128000円

2016年モデル 134,000円

2016年と比べて1万円安くなりました。

スペックはというと、昨年と何も変わっていません。

他のブランドだと

ジャイアントのCONTEND SL 2がフルソラスペックで¥115000

キャノンデールのCAAD OPTIMO TIAGRAは¥130000

ティアグラ搭載モデルとしては低価格モデルと高価格モデルの丁度中間ぐらいに位置します。

2017年で唯一変わったのがカラーリングで、ブラックにグレー文字、ホワイトにグレー文字の2色展開です。

特にブラックはかなりシックで高級感のある色ですね。

フェルト f85 2017 felt f85 2017

徹底的に速く走ることを追求したフレームは本格的なロードレースにおいて、カーボンモデルに匹敵する性能と評価される完成度。

フレーム&フォーク

felt f85 2016

最大の特徴が7005アルミ合金を使用している点。
超々ジュラルミンと呼ばれる7000系のアルミは加工の難しさやコスト面で、ほとんどのブランドが採用を中止してしまった高性能素材。
アルミパイプの研究をイーストン時代からやってきたジムフェルトだから実現したと言える。
この価格帯で軽量で強度の高い7005アルミを使用しているのは驚異的。



スポンサーリンク

溶接箇所も美しく仕上げられていて、非常にスムーズなヘッド周り。
カーボン素材のフォークは上下異径のテーパーヘッド規格でコーナリングの安定性が高くて、強く踏み込んだ時もぶれにくい。
上記のフレーム&フォークは下位モデルのF95と共通。

変速性能

シマノのティアグラグレードを装備し、リア10段変速。
将来電動変速タイプにグレードアップする所まで視野に入れると11段変速のF75をおすすめしますが、10段変速のまま乗り続けるならティアグラでも十分な性能。
フロントギアもティアグラクランクが装備されているので、走る人のことを考えたスペック好印象。
ギア比はフロント50/34T、リアは12-28Tで、かなり軽いギアもチョイスできるので、急坂の峠道などでも足をつかづに走れます。
本格的にレースに出るならクロスレシオのギアが欲しくなります。
F95は9段変速のSORAコンポで、重いギア~軽いギアの幅は変わりませんので、F85はよりクロスレシオなギア選択ができるようになっています。

ブレーキ性能

このクラスのロードバイクはほとんどが安いテクトロブレーキを採用している中、FELTのF85はシマノのティアグラを装備。

お値段以上の制動力が期待できます。

価格が安いジャイアントのコンテンドもブレーキがTEKTRO R312でコストカットされています。

ここを変更するだけで前後で7000円かかるので、ほぼ価格の差が埋まってしまいますね。

足回り性能

FELTオリジナルのリムを装備。リム高24mmでやや低め。
低いリムは高速巡航では空気抵抗が増えますが、ヒルクライムなどで有利。
チューブレスシステムに対応しているので、高性能なチューブレスタイヤも使えることもメリット。

まとめ

フレームの性能が高いので、そのままレースに出場できるほどのパフォーマンス。
変速系はそのままで、ホイールなどのグレードアップでカスタマイズするなら長い間楽しめる。
フェルトの7005フレームの高性能さを取るか、価格を取るか悩ましい所。

次ページは取り付けられるオプションパーツについて



スポンサーリンク