本当のコスパNo1ロードバイクはFELTのF95


スポンサーリンク

FELTのF95は入門グレードではありえない7000系アルミ素材を使用

f95 フェルト ロードバイク f95 felt f95_2017

価格

2016年 110000円

2017年 99800円

11万円から9万円台にお安くなって、さらにお求めやすくなりました。

しかも性能はかなりアップしています。

特徴

派手さは無いブランドのフェルトですが、フレーム設計にはかなりのこだわりを見せてくれます。
最も特徴的なのがアルミの素材の種類で、一般的には20万近くのロードバイクであっても6000系の量産しやすいアルミ素材を使いますが、FELTのF95は完成車で10万円でありながら、7000系のアルミを使用する驚きの仕様。



スポンサーリンク

7000系のアルミは6000系に比べて同じ重量で10%ほど強度が高く、より軽く強いフレームを作ることができます。
反面溶接の作業が難しく、コストダウンが求められるアルミレーサーは6000系のアルミが主流になっています。
実際に乗ったインプレッションを見ても、かなり反応の良いフレームだという評価です。

ジオメトリーもかなりコストをかけていて、フォークオフセットやチェーンステーの長さなど、2~3パターンで作ってしまうメーカーが多い中、3~4パターンでパイプ寸法を変えているので、より自然なハンドリングが期待できる。

コンポーネント系

SORAグレードでまとめられていて、価格帯としては標準的な装備。
クランクもシマノで統一されているのはフロント変速がスムーズで高評価。
2017年からブレーキがノーブランドからシマノSORAに変わったので制動力の問題も解消一気に魅力が高まりました。。

この11万円のロードバイクとしては珍しくテーパーコラムのフォークが装備されているのもかなりポイントが高い。
フォークの剛性を飛躍的に高めてくれるテーパーヘッドはペダリングのパワーロスを減少させて、コーナリングの安定性を高めてくれる。ブレーキやギアは購入後グレードアップで交換できるが、ここはフレームとフォーム全部交換しないといけなくなる。

ホイールはフェルトオリジナルのチューブレス対応リムを装備。シーラントを使えばチューブレスタイヤをインストールできるので、グレードアップもしやすい。

次ページは目的別の使いやすさについて



スポンサーリンク