フジのスポーティフをインプレッション


スポンサーリンク

フジのロードバイク スポーティフ2.1の乗り方別にメリット&デメリットをレビュー。買うべきモデルか徹底分析。

フジのロードバイクスポーティフ21をインプレッション

休日の運動に使うなら 1日30km前後

おすすめ度☆☆☆☆☆

ロードバイクの軽快さを味わうのに十分な軽さと変速装備を持ったSPORTIF2.1はちょっとした運動に最適です。

スポーツクラブに1年間通えば十分買える価格で、フィットネスに十分な走行性能が買えます。

安定性を高めに設定しているジオメトリーなので、初心者がのんびり走っても暴れずに直進してくれるのもメリットです。

ロングライドで使うなら 1日80km以上

おすすめ度☆☆☆

ロングライドを楽しむこともできますが、1日走ることを考えると、変速レスポンスの低さやブレーキ性能の低さが気になってきます。

長時間乗るシーンでは1つ1つのパーツの操作性の良さが求められます。

ジオメトリーはロングライド向けなので、安定性はOKです。

宿泊を含む旅で使うなら

おすすめ度☆☆

宿泊用の荷物を積むためのリアキャリアが取り付けられないのが一番のマイナス点。



スポンサーリンク

タイヤは25Cでわずかに太めですが、ツーリングに必要な32Cまでは入らないので、クッション性がよくありません。

荷物を最小限にしてリュックだけで行く手もありますが、背中に荷物があると疲れやすいのでおすすめしません。

自転車通勤に使うなら

おすすめ度☆☆☆

変速性能と軽さはOKですが、ブレーキ性能が一番心配な所です。

街中を走っていると、急な飛び出しでフルブレーキを求められるシーンが必ず出てきます。

その時に高性能なブレーキであれば回避できる事故に巻き込まれる可能性が高くなります。

通勤に使うならシマノの105グレードにブレーキは変えておきましょう。

買い物に使うなら

おすすめ度☆

荷物が載らないので、おすすめしません。

レースで使うなら

おすすめ度☆☆

レースで走ることも可能ですが、エントリーモデルなので、20万円のフルカーボンロードバイクと比べると、どうしてもバイク性能で差がついてしまいます。

レースに出るならフルカーボンバイクをおすすめします。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

次ページは装着できるオプションについて



スポンサーリンク