ジャイアントのエニーロード3を選ぶ理由

スポンサーリンク

 ジャイアントのエニーロード3の乗り方別にメリット&デメリットをレビュー。買うべきモデルか徹底分析。

ジャイアント エニーロード3

GIANTのANYROAD3は新しいコンセプトのロードバイク。

悪路も走れるグラベルロードというカテゴリーで太いタイヤとディスクブレーキが特徴。

休日の運動に使うなら 1日30km前後

おすすめ度☆☆☆☆

エニーロードは一般的なロードバイクよりも重量があるので、軽快さは劣ります。

それでもスピードを求めなければ乗り心地も良く、安定性も高いのでおすすめの使い方です。

ロングライドで使うなら 1日80km以上

おすすめ度☆☆☆

経験地が上がるほど、日帰りのロングライドは距離を伸ばすことが楽しくなってきます。

ロードバイクよりも抵抗の多いANYROADに乗っていると、ロードバイクの軽さが欲しくなってきます。

ロングライドメインならジャイアントであればデファイのようなコンフォートロードがおすすめです。

宿泊を含む旅で使うなら

おすすめ度☆☆☆☆☆

エニーロードはツーリングにはピッタリのモデルです。

しっかり荷物を積めるリアキャアを取り付けられます。

安定性の高いジオメトリーと、段差の衝撃を吸収するクッション性の高いタイヤは重い荷物を積んでも快適に走行できます。

雨が降っても製動力が落ちにくいディスクブレーキもメリットです。

自転車通勤に使うなら

おすすめ度☆☆☆☆☆

ツーリングに加えて、自転車通勤も使いやすいです。

パソコンや書類、着替えを積めるので、リュックを背負わなくても快適に走れます。

信号でストップ&ゴーの多いシーンでも低速安定性が高く、フラつきも少ないので走りやすいです。

自転車通勤はツーリングと同じ要素が多いので満点の使いやすさです。

買い物に使うなら

おすすめ度☆☆☆☆

リアキャリアにパニアバッグが取り付けられるので、カゴいっぱい買っても持ち帰れます。

近所のスーパーに行くならフラットハンドルの方が気軽に走れて、ドロップハンドルは大げさな感じがしますが、使い勝手はクロスバイクと変わりません。

レースで使うなら

おすすめ度☆☆

抵抗が大きく、重いのでレースを走ることはできますが、上位を狙うことは難しいです。

ハンドリングもレースモデルに比べてゆったりなので、高速で走る集団の中でもバイクコントロールで不利です。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

2016年モデルエニーロードのスペック特徴

ジャイアントのエニーロードと並ぶ人気のグラベルロードはGTのグレードやスペシャライズドのディバージュ。

ディバージュは最低価格帯が¥189000と高めですが、グレードは10万円から購入できます。

GTのグレードについて詳しくはこちらで紹介しています。

GT グレードアロイ クラリス

GIANT ANYROADの価格は¥110,000

予算で迷っている方向け目的別予算の決め方はこちら

フレーム性能

クロスバイク フレーム

ハンドルからシートチューブにかけて大きく下がった形状が特徴的。

乗り降りしやすく、コンパクトで剛性も高いのがメリット。

前後にキャリア、フェンダー用の取り付け台座があります。



Sponsored Links

フレーム素材の選び方、アルミか、カーボン、スチールの特徴とデメリットについて

ロードバイクのフレームに最適なフェンダー(泥除け)選び

キックスタンドは取り付けられるの?

フレームジオメトリー(寸法)によるインプレッション

フレームサイズの正しい選び方

前ギアのクランク性能

 クロスバイク クランク

最近のロードバイクでは珍しいフロント3枚構成。

かなりの急坂でも対応できる軽いギアが選べます。

フロント2枚に比べて重く、変速性能がやや落ちてしまいますが、ツーリングでは軽いギアを選べるほうがメリットがあります。

フロント変速に重要なクランクはFSAのテンポでレスポンスは遅いです。

将来の拡張性を左右するコンパクトクランクとノーマルクランクの違いについて。

シマノの変速グレード一覧(DURAACEを100円としたときの価格)
DURA-ACE 11段変速 100円
ULTEGRA 11段変速 40円
105 10段変速 22円
TIAGLA 10段変速 20円
SORA 9段変速 14円
CLARIS 8段変速 10円
TOURNEY 7段変速 7円

チェーンの位置を動かす変速性能

 クロスバイク リアディレーラー

シマノのクラリスシリーズのディレーラーを装備。

リア8段変速ですが、初心者には十分な変速性能です。

故障した時に困らないロードバイクの選び方は?

ブレーキ性能

 クロスバイク フォーク

ディスクブレーキを装備して、ブランドは製動力で定評のあるAVIDのBB5。

AVIDのディスクブレーキはメカニカル式でも製動力が高く、以下のブレーキ性能アップページでもBB7をおすすめしています。

買う間に知っておきたい、低予算でブレーキ性能をアップさせるためのコツ

地面との接地を支えるタイヤ性能

クロスバイク タイヤ

クロスバイク並みに太い32Cタイヤを装備。

32Cあれば重い荷物をキャリアに積んでもかなり衝撃を吸収してくれます。

買った後に後悔しないためのタイヤサイズの変更幅について?

まとめ

欲しいモデルの現物を見て試乗するための近道

GIANT ANYROAD 公式サイトはこちら

次ページは取り付けられるオプションパーツについて



Sponsored Links