ジャイアントのコンテンド2を買ってよいか考える GIANT CONTEND2


スポンサーリンク

ャイアントの新型入門ロードバイクのコンテンド2を自転車通勤やロングライドで使った時のメリットとデメリットを過去モデル、他ブランドと比較しながら検討。

GIANT CONTEND2 2017 ジャイアント コンテンド2 2017 ジャイアント ロードバイク コンテンド2

コンテンド2 基本スペック

価格¥78000

サイズ は4種類430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)mm

重量  9.6kg(465mm)とかなり軽量。

メインコンポ シマノクラリス 16段変速

フレーム アルミ

フォーク アルミ

2016年モデルの同クラス デファイと比較

9.9kgに対して、新モデルのコンテンド2は9.6kgと300gの軽量化。



スポンサーリンク

コンポはクラリス+FSAのクランク+テクトロブレーキでほぼ変わらず。

その他のパーツは完全に共通で、重量差はフレームの進化によるものです。

フレームの寸法はデファイよりもヘッドアングルが立って、チェーンステーが短くなって、レーシーなモデルに近づいています。

ジャイアントのピュアレーサーモデル TCRに比べるとややゆったりとしたハンドリングなので、レーサー寄りのロングライドモデルと言えますね。

上位モデルのコンテンド1と比較

価格は¥95,000でコンテンド2よりも¥17000アップ。

メインになるフレームとフォークは以下スペックで同様。

フレーム ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm
フロントフォーク Advanced-Grade Composite、 Aluminum OverDrive コラム

コンポがSORAにグレードアップして、16段変速→18段変速になったことに加えて、クランクもシマノのSORAになったことがポイント。

フロント変速はクランクの性能差が出やすいので気持ちいい走りをしたいならコンテンド1を買った方がよい。

あまり効きの良くないテクトロのブレーキはどちらも同じ。

コンテンド1の重量は9.4kgでさらに200g軽量化。

次ページはコンテンドと良く比較されるメリダのライド80と比較



スポンサーリンク