ジャイアントのコンテンドSL2はレースに使えるか? CONTENDSL2


スポンサーリンク

 コンテンドシリーズの中級グレードのSL2はハイスピードが求められるレースシーンで使えるかスペックをチェック。

コンテンドはジャイアントのレースモデルTCRとロングライド向けのDEFYの中間のような位置づけで開発された新型ロードバイク。

変速機はティアグラグレードで、重量は9kgジャストとかなり軽量な部類です。

コンテンドはそもそもレース用途ではありませんが、ロングライドもレースもどちらも使いたいという人が多いので、レース性能もチェックしていきます。

giant contend sl2 2017 ジャイアント コンテンドSL2 2017

レースパフォーマンス

レースで高いレベルが求められる性能は4つです。

・軽さ

・剛性(反応性)

・ハンドリング性能

・コーナリング性能

軽さは9kgなので、カーボンモデルまではいかないまでも、レースで走るには十分な軽さです。

同クラスのFELT F85が9.1kgなので、この価格にしては十分な軽さです。

剛性もALUXXSLグレードのフレームなので、反応良く進んでくれます。



スポンサーリンク

ハンドリングに関してはロングライド要素を含んだジオメトリーなので、レースモデルと比較するとややもっさりとした印象です。

コーナリング性能と合わせて、思い通りのラインを瞬時に走るにはやや物足りません。

総合的には、サーキットでのエンデューロレースやヒルクライムレースなどであれば十分楽しめるスペックです。

目的別使いやすさ

休日の運動に使うなら 1日30km前後

おすすめ度☆☆☆☆

安定性の高いハンドリングとワイドなギア比は初心者でも安心してフィットネスに使えます。

ロングライドで使うなら 1日80km以上

おすすめ度☆☆☆☆☆

一番この用途が向いています。

リラックスしたポジションで長距離を走っても疲れにくい姿勢がとれます。

もっと楽な姿勢が良ければデファイでも良いですが、ロングライドだとスポーティーなハンドリングも欲しい所。

丁度良い設定です。

宿泊を含む旅で使うなら

おすすめ度☆☆☆

キャリアダボがないので、あまり大きな荷物は積めません。

自転車通勤に使うなら

おすすめ度☆☆☆☆

荷物が積めませんが、軽装備で通勤できるなら快適に走れます。

買い物に使うなら

おすすめ度☆

荷物が積めないので買い物には使えません。

レースで使うなら

おすすめ度☆☆☆

ピュアレースフレームでは無いので、ハンドリングのシャープさが不満。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

次ページは他のブランドと比較



スポンサーリンク