【徹底分析】ジャイアント プロペルSLR 最新モデルをインプレッション


スポンサーリンク

GIANTのエアロロードPROPEL SLRのスペック、性能を他のブランドと比較しながら紹介します。

ジャイアント プロペルSLR ロードバイク

プロペルの基本設計

軽さと乗り心地をそこそこに、空気抵抗の低減を目指したエアロロード。

造型の自由度の高いカーボンフレームが主流ですが、アルミフレームで形状を工夫してエアロ性能を高めている珍しいモデル。

休日の運動に使うなら

向かい風の強い時に効果は発揮してくれますが、単独走行で30km以上で巡航できる脚力がないとあまりメリットがありません。

カーボンフレームに比べて振動吸収性が劣るアルミで、さらにエアロ形状なので路面の振動が気になってしまう。

自転車通勤に使うなら

高速で走れるメリットはありますが、通勤途中の段差を考えるともう少し太いタイヤを履けるグラベルロードやシクロクロスのほうがおすすめ。



スポンサーリンク

レースで使うなら

エアロ性能を最大限発揮できるのが集団で走るサーキットレースやステージレースです。

スパルタンな設計が活きるのがレースでの使用です。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

プションで装備できる物

フレームが特殊なので、オプションの選択肢も限られます。

フェンダーは簡易タイプも取り付けNG

スタンドは他のレースタイプと同じく取り付けできません。

ライト、サイクルコンピューターは問題なく取り付けできます。

ボトルも2本取り付けできます。

壊れた時の補修対応

特殊なフレームなので、壊れたときの部品が心配です。

特殊なパーツはシートピラーぐらいで、他は汎用品が使われているので、それほど困ることはありません。

次ページはメリダやフェルトのエアロロードとスペックを比較



スポンサーリンク