20万円予算でジャイアントのTCRアドバンスド3を買うべきか


スポンサーリンク

ジャイアントのエントリーグレードのカーボンロードTCRアドバンスド3の性能を他の人気モデルと比べながら買うべきか徹底分析。

ジャイアント TCRアドバンスド3 ロードバイク

休日の運動に使うなら

レース用に風の抵抗を少なくするため、強めの前傾姿勢を強いられます。

のんびり運動をしたい人には背筋や腕が痛くなりやすいです。

既にアルミロードに乗っていて、レースジオメトリーに違和感がなければ大丈夫ですが、初めてのロードバイクの場合はエンデュランスやコンフォートと呼ばれるモデルのほうがおすすめです。

自転車通勤に使うなら

ストップ&ゴーが少なく、高速巡航できる場面が多ければ使えますが、都会の自転車通勤では使いづらいです。

信号待ちからのゼロスタートはハンドルが安定しないので、しっかりバイクを押さえるように乗らないといけません。

リアキャリアも取り付けられないので、運べる荷物も限られます。

レースに使うなら

レースでのスピードを追求した設計なので、ロードレースで最も真価を発揮します。



スポンサーリンク

集団走行でのコース取りはスムーズで、風の抵抗も少なく、ハイパワーで踏み込んでもしっかり加速してくれます。

振動吸収性もあるので長時間走っても疲れにくいメリットもあります。

フレーム設計の特長

GIANTのロードバイクはヘッドチューブからシートチューブにかけて強めに傾斜がついたスローピング形状。

フレームそのものは剛性が高くなりますが、フレーム全体での振動吸収性はホリゾンタル形状に比べて劣ります。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

グレード別の違いは?

アドバンスド3の上位グレードとして、アドバンスド2があります。

価格は2万円アップの20万円。

コンポはティアグラの10Sから105の11sにグレードアップ。

重量も500g軽くなります。

2万円の差でここまで良くなるのであれば、アドバンスド2を選ぶ人も多いです。

1つ下のグレードはアルミフレームのTCR0が14万円と4万円安い価格設定。

コンポは105なので、1つ上のグレードが装備されています。

振動吸収性を我慢すれば、TCR0もありですね。

次ページは装着できるオプションパーツについて


スポンサーリンク