20万円予算でジャイアントのTCRアドバンスド3を買うべきか

スポンサーリンク

ジャイアントのエントリーグレードのカーボンロードTCRアドバンスド3の性能を他の人気モデルと比べながら買うべきか徹底分析。

ジャイアント TCRアドバンスド3 ロードバイク

休日の運動に使うなら

レース用に風の抵抗を少なくするため、強めの前傾姿勢を強いられます。

のんびり運動をしたい人には背筋や腕が痛くなりやすいです。

既にアルミロードに乗っていて、レースジオメトリーに違和感がなければ大丈夫ですが、初めてのロードバイクの場合はエンデュランスやコンフォートと呼ばれるモデルのほうがおすすめです。

自転車通勤に使うなら

ストップ&ゴーが少なく、高速巡航できる場面が多ければ使えますが、都会の自転車通勤では使いづらいです。

信号待ちからのゼロスタートはハンドルが安定しないので、しっかりバイクを押さえるように乗らないといけません。

リアキャリアも取り付けられないので、運べる荷物も限られます。

レースに使うなら

レースでのスピードを追求した設計なので、ロードレースで最も真価を発揮します。

集団走行でのコース取りはスムーズで、風の抵抗も少なく、ハイパワーで踏み込んでもしっかり加速してくれます。

振動吸収性もあるので長時間走っても疲れにくいメリットもあります。

フレーム設計の特長

GIANTのロードバイクはヘッドチューブからシートチューブにかけて強めに傾斜がついたスローピング形状。

フレームそのものは剛性が高くなりますが、フレーム全体での振動吸収性はホリゾンタル形状に比べて劣ります。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

グレード別の違いは?

アドバンスド3の上位グレードとして、アドバンスド2があります。

価格は2万円アップの20万円。

コンポはティアグラの10Sから105の11sにグレードアップ。

重量も500g軽くなります。

2万円の差でここまで良くなるのであれば、アドバンスド2を選ぶ人も多いです。

1つ下のグレードはアルミフレームのTCR0が14万円と4万円安い価格設定。

コンポは105なので、1つ上のグレードが装備されています。

振動吸収性を我慢すれば、TCR0もありですね。

ジャイアント TCR アドバンスド3 2016年モデルのスペック特徴

TCRアドバンスド3と並ぶ人気のロードバイクは同じ台湾ブランドのメリダ のスクルトゥーラ3000です。

同じ価格帯の19万円で、105のスペックのフルカーボンロードです。

予算で迷っている方向け目的別予算の決め方はこちら

昨年モデルとの差

昨年のADVANCED3は17万円で、2016年は1万円アップ。

2016年はフレームのシートポスト部分のエアロ形状が小さくなっています。

スペックはほとんど変わっていないので、2015年のホワイトカラーでよければ、こちらのほうがお買い得。

フレーム性能

クロスバイク フレーム

アドバンスドグレードのフルカーボン素材。

フレーム素材の選び方、アルミか、カーボン、スチールの特徴とデメリットについて

ロードバイクのフレームに最適なフェンダー(泥除け)選び

キックスタンドは取り付けられるの?

フレームサイズの正しい選び方



Sponsored Links

フレームとフロントホイールをつなぐフォーク性能

 クロスバイク フォーク

フルカーボンブレードにアルミ素材のコラムを採用。

コーナリング安定性に優れる上下異型のテーパーヘッド。

フレーム、フォークの性能はメリダのSCULTURA3000とほぼ同じレベル。

前ギアのクランク性能

 クロスバイク クランク

アドバンスド3はシマノのティアグラグレード、メリダはFSAの低グレード品。

フロント変速だけを比べると、ティアグラの方が上。

将来の拡張性を左右するコンパクトクランクとノーマルクランクの違いについて。

シマノの変速グレード一覧(DURAACEを100円としたときの価格)
DURA-ACE 11段変速 100円
ULTEGRA 11段変速 40円
105 10段変速 22円
TIAGRA 10段変速 20円
SORA 9段変速 14円
CLARIS 8段変速 10円
TOURNEY 7段変速 7円

チェーンの位置を動かす変速性能

 クロスバイク リアディレーラー

ジャイアントは10×2=20段、メリダは11×2=22段変速。

将来の電動コンポへの乗せかえなどを考えると、交換コストの安いメリダが有利。

故障した時に困らないロードバイクの選び方は?

ブレーキ性能

 クロスバイク フォーク

ジャイアントのアドバンスド3はシマノティアグラを装備。

ブレーキはコストカットされやすい部分なので、とても良心的なスペック。

メリダは自社ブランドのサードパーティ製でブレーキ力はいまいち。

買う間に知っておきたい、低予算でブレーキ性能をアップさせるためのコツ

買った後に後悔しないためのタイヤサイズの変更幅について?

まとめ

18万のTCRアドバンスド3と19万のSCULTURA3000を比べると、デフォルトの状態では変速性能、ブレーキ性能でジャイアントの方がおすすめです。

将来的に本格的なレースに参加し、コンポをグレードアップするならメリダの方が拡張しやすい。

予算が許せば、20万円のTCR ADVANCED2が105で統一されていて一番おすすめです。

欲しいモデルの現物を見て試乗するための近道

GIANT TCRADVANCED3 2016年 公式サイトはこちら

上位グレードTCR ADVANCED SLのイメージ動画

次ページは取り付けられるオプションパーツについて



Sponsored Links