【徹底分析】GT グレードアロイ クラリス 最新モデルをインプレッション


スポンサーリンク

GRADE ALLOY CLARISはどこでも走れるグラベルロード。

GT グレードアロイ クラリス

他ブランドとの違いや、おすすめの使い方などを紹介します。

GTブランドのイメージは?

MTBのチームが強いので、バイクも頑丈なイメージです。

モデルの基本設計

グレイドはレースを速く走るよりも、ロングツーリングを楽しむために設計されています。

休日の運動に使うなら

レース用のロードバイクに比べて無理のない乗車姿勢と安定した挙動で、ロングライドも快適に走れます。

自転車通勤に使うなら

キャリアとパニアバッグを装備して、リュックを背負わずに走れます。

太いタイヤも入るので、クッション性も良く疲れも少ないです。

レースで使うなら

太いタイヤと頑丈なフレームなので、限界を争うレースにはおすすめできません。

ハンドリングもゆったりしているので、集団走行した時のラインコントロールもワンテンポ遅れてしまいます。

フレーム設計の特長

直進安定性を決めるトレイルが77mmと群を抜いて大きい。

スペシャライズドのロングライドモデルディバージで59mm、トレックのドマーネで59mmと比べるとかなり大きいです。

レースモデルは56mm前後が標準的なので、77mmがどれだけ安定性が高いかが分かると思います。

手を放してもスーッと真っ直ぐ進んでくれる安定性があります。

オフロードを走っても安定する特別なジオメトリーですね。



スポンサーリンク

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

グレード別の違いは?

上位モデルとしてGRADE105があります。フレームとフォークは共通でパーツスペックが向上。

価格は168000円で、クラリスに比べるとシマノのコンポが3つグレードアップします。

16段変速から22段にギアの数が増えてより細かいギア選択ができるようなります。

ブレーキも機械式のディスクブレーキから油圧式に代わるので、より強力な制動力を得られますね。

本格的に未舗装路を走りたい、100kmのロングツーリングに使いたい人はグレード105の方がおすすめです。

オプションで装備できる物

GRADEのフレームはダボ穴があるので、リアキャリアやフルフェンダーを取り付けることができます。

キャリアがつくので、ツーリングに便利なパニアバッグも使えます。

特殊なパーツは装備されていないので、サドルバッグやハンドルバーバッグの小物入れも問題なく取り付け可能。

ライト、スピードメーターもOK。

ロードバイクに取り付けが厳しいキックスタンドも強度のあるフレームなので無理をしなければ取り付け可能です。

壊れた時の補修対応

故障したときに困りそうな補修パーツはホイールのベアリングぐらいです。

ギア関係は規格が決まっているんド絵、FSAのクランクやサンレースのカセットも手に入れやすいシマノに交換できます。

ディスクブレーキのパッドもテクトロであれば問題なく手に入ります。

次ページはスペックの気になる点について



スポンサーリンク