ルイガノのLGS-CTR COMPを買って良いか考える

スポンサーリンク

LGS-CTR COMPの乗り方別にメリット&デメリットをレビュー。買うべきモデルか徹底分析。

ルイガノのLGS-CTR COMPを通勤、休日の運動用に使おうとした時。他の人気のクロスバイクと比べて、フレーム設計、価格、スペックの観点で失敗が無いか比較。

LGS-CTR COMP ルイガノ ロードバイク

LGS-CTR COMPとよく比べられるロードバイクは?

ジャイアントのTCR

FELTのFアルミシリーズ

スコットのスピードスターシリーズ

アンカーのRFA5

メリダのスクルトウーラシリーズ

おすすめの使い方

レーシー過ぎず、適度な安定性のあるフレームでフィットネスやロングライドに最適。

荷物の積載力は無いので、通勤や旅などの運搬が必要なライドには向きません。

休日の運動に使うなら 1日30km前後

おすすめ度☆☆☆☆

ロングライドで使うなら 1日80km以上

おすすめ度☆☆☆☆

宿泊を含む旅で使うなら

おすすめ度☆☆☆

自転車通勤に使うなら

おすすめ度☆☆☆

買い物に使うなら

おすすめ度☆

レースで使うなら

おすすめ度☆☆☆☆

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

LGS-CTR COMPのグレード別の違い

COMPの下位ロードバイクとして、COMPがつかないLGS-CTRがあります。

LGS-CTR COMP ¥146,000

LGS-CTR ¥137,000

価格は1万円ですが、メインコンポが105→ティアグラにダウングレードし、11段→10段変速にダウン。

ただ、COMPはクランクがFSAの低価格品なので、トータルの変速性能は変わらない。

将来のアップグレードは11スピードのCOMPがやりやすいですが、CTRの次はフルカーボンに乗り換える人が多いので、あまり気にしなくても大丈夫です。

予算で迷っている方向け目的別予算の決め方はこちら

フレーム

クロスバイク フレーム

この価格帯のロードバイクでは一般的な6061アルミフレーム。



Sponsored Links

総重量は9.53kgとかなり重めなので、フレーム本体の重さが影響している。

フレーム素材の選び方、アルミか、カーボン、スチールの特徴とデメリットについて

ロードバイクのフレームに最適なフェンダー(泥除け)選び

キックスタンドは取り付けられるの?

フレームサイズの正しい選び方

前ギア=クランクに関する記事

 クロスバイク クランク

フロントギアの変速はクランクの性能に大きく左右されます。

FSAのゴッサマーはコストカットのために装備されているので、シマノの105に比べるとスムーズさに劣ります。

将来の拡張性を左右するコンパクトクランクとノーマルクランクの違いについて。

シマノの変速グレード一覧(DURAACEを100円としたときの価格)
DURA-ACE 11段変速 100円
ULTEGRA 11段変速 40円
105 10段変速 22円
TIAGLA 10段変速 20円
SORA 9段変速 14円
CLARIS 8段変速 10円
TOURNEY 7段変速 7円

故障した時に困らないロードバイクの選び方は?

ブレーキ性能

 クロスバイク フォーク

テクトロブランドの低価格品でコストカットされている部分。

スピードコントロールは問題ないですが、急ブレーキや峠道ではやや厳しい。

買う間に知っておきたい、低予算でブレーキ性能をアップさせるためのコツ

タイヤに関する記事

クロスバイク タイヤ

買った後に後悔しないためのタイヤサイズの変更幅について?

次ページは取り付けられるオプションパーツについて



Sponsored Links