【徹底分析】メリダ Scultura 3000最新モデルをインプレッション


スポンサーリンク

 メリダのスクルトウーラ3000はレースに挑戦したい人のための本格レーシングロードバイク。

メリダ scultura3000

モデルの基本設計

プロのレースを意識した反応の良い高剛性フレームに、クイックなハンドリングを組み合わせた、レースを速く走るためのフレーム。

上位グレードと共通のフレームを使いながら、ホイールや変速を低価格に物にすることで、将来的にグレードアップして、トップ選手に近いパフォーマンスを出すこともできます。

休日の運動に使うなら

レース専用設計なので、のんびりと走りたい人には安定性が悪いのでおすすめできません。

脚力があり、30km以上で巡航できるなら軽量で小気味よいハンドリングを楽しめます。

自転車通勤に使うなら

かなり身軽に小さなリュック1つで荷物が収まるなら選択肢としてありです。

キャリアを取り付けできないので、あまり大きな荷物は運べません。

タイヤが細く路面の振動も伝わりやすいので、段差が多い道だとはしりづらいです。



スポンサーリンク

ロードレースに使うなら

レースを主眼においたモデルなので、サーキットレースやクリテリウムなどで抜群の加速性と素早いライン取りが可能です。

変速のレスポンスやホイールの剛性など30万円クラスと比べると今一歩の部分はありますが、ホビーレースなら十分これで走れます。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

グレード別の違いは?

Scultura3000の下のグレードはアルミの105を装備したスクルトウーラ400です。

スクルトウーラ400はクランクがシマノで変速性能は1歩上ですが、フレームの軽さ、振動吸収性を考えるとフルカーボングレードを買いたいです。

1つ上になると、アルテグラコンポーネントにシマノのホイールを組み合わせたscultura4000が249000円であります。

18900円の3000に比べて、6万円高いので、こちらを選ぶかは難しい所です。

スクルトウーラ3000はわざと価格を安く設定しているようなので、4000のお買い得感が低くなってしまいます。

とはいえ、最初からシマノクランクで高剛性なホイールがついているscultura4000は後からの出費が少ないバイクです。

次ページはオプションで装備できるアクセサリーについて



スポンサーリンク