パナソニックのロードバイクのメリットは?


スポンサーリンク

古くからロードバイクのオーダーシステムを行っているパナソニック。

パナソニック ロードバイク

完成車で海外ブランドを買うのと何が違うのでしょうか?

オーダー方法は2種類

初心者向けの完成車に近い形から選ぶカスタムオーダー

マニア向けのミリ単位で設計を指定するフレームフルオーダー

フレームから選ぶフレームフルオーダーはサイズだけでなく、パイプの種類、ラグの仕様まで全部決めることができます。

ただ、ここで注文できるのはロードバイクの中でも、トラックと言われる競輪用のフレームです。

変速機がついたロードバイクはパナソニックではフルオーダーできません。

カスタムオーダーは既存のクロモリやチタンフレームにコンポやサドルのカラーなどのパーツ構成を選択する内容です。



スポンサーリンク

パソコンのBTOに近い感覚ですね。

カスタムオーダーのメリット

海外ブランドだとコストカットされやすい、ブレーキやチェーンなど、完璧なシマノコンポで組むことができます。

クロモリ、チタンなど、細身のフレームは他のブランドではなかなか買えないフレームが選べる。

ホイールを買い替えなくても、最初からハイグレードなモデルが選べて、結果的に予算を押さえられる。

ハンドルやステムなどでフィッティングの微調整もできる。

サドルやバーテープの色も好みに変更できる。

価格もそれほど高くない

入門モデルのORC28/FRC28で105で組んで185000円。

海外ブランドで105のアルミロードだと15万ぐらいです。

やや割高ですが、後でブレーキを変えたりすることを考えると、値段差は10%ぐらいです。

細身のロードバイクを探している人にはおすすめです。

Panasonicロードバイク公式ページはこちら

[バイクページ用10万クラス]



スポンサーリンク