スコットのスピードスター40を選ぶ理由


スポンサーリンク

スコットのロードバイク スピードスター40の乗り方別にメリット&デメリットをレビュー。他社ブランドとも比べながら買うべきモデルか徹底分析。

スコット スピードスター40

スコットブランドのイメージは?

SCOTTは元々スキー用品からスタートしたブランドですが、軽量なロードバイクやTTバイクの先駆けとして自転車業界でも高いブランドイメージです。

モデルの基本設計

スピードスターシリーズはレースで走ることを基本に設計されたモデルです。

アルミフレームで価格を抑えつつ、カーボンモデルで培ったフレーム設計を反映しています。

休日の運動に使うなら 1日30km前後

おすすめ度☆☆

レースモデルとして設計されているので、ハンドリングがクイックです。

ある程度踏み込んで時速30km巡航できる人なら良いですが、のんびりフィットネスという人はSOLACEのようなロングライドモデルの方がおすすめです。

車体は軽量なので、反応性は良くスポーティーに走りたい人はSPEEDSTERシリーズでも十分楽しめます。

ロングライドで使うなら 1日80km以上

おすすめ度☆☆☆

休日の運動よりも長距離を1日かけて走行するような人は脚力もあるので、レースモデルを使う人も多いです。



スポンサーリンク

単独で走るので、レースよりは巡航速度は伸びませんがそれほど車体の安定性は苦になりません。

宿泊を含む旅で使うなら

おすすめ度☆

宿泊する用の荷物を持つことを考えると、キャリアの取り付けが困難なので、あまりおすすめしません。

荷物をコンパクトにして、リュックやシートポストバッグなどで運搬することも可能ですが、ツーリング用に設計されたロードバイクをおすすめします。

自転車通勤に使うなら

おすすめ度☆☆

旅と同じく、荷物の積載性で自転車通勤にはあまりおすすめしません。

短距離の通勤であれば着替えや書類などを入れたリュックで対応できますが、短距離であればクロスバイクで十分です。

都会で信号が多いコースは特にストップ&ゴーが多く、SPEED STER40は低速域で安定させることが難しい設計なので、スタートの度にふらふらしてしまいます。

買い物に使うなら

おすすめ度☆

買った荷物が全く積めないので、買い物には使えません。

近所のコンビニ程度ならOK。

レースで使うなら

おすすめ度☆☆☆☆☆

レースのために作られているので、最もおすすめの用途です。

集団で走行している時に素早いコース取りが可能で、スプリントの反応も良いです。

変速の数やトータルの重量でカーボンモデルには劣りますが、サーキットレースやステージレースなど幅広く楽しめます。

次ページはグレード別の違いについて紹介


スポンサーリンク