トレックの1.1 を徹底分析 TREK 1.1


スポンサーリンク

 トレック(TREK)のロードバイク 1.1の良い所、悪い所を他のブランドと比較しながらチェックしてきます。

トレック 1シリーズ

トレックの1.1はどんなモデル?

TREKブランドの中で最も低価格なロードバイクとして位置づけられた10万円から買えるモデル。

レース用の設計を基本にしているので、切れのあるハンドリングと風の抵抗の少ない前傾姿勢で乗れる。

トレック独自のAlphaアルミフレームで上位グレードに迫るアルミフレームの性能を発揮する。

トレックブランドとは?

トレックはアメリカウィスコンシン州で生まれたMTB系ブランド。

MTB系アメリカブランドとしては歴史が長く、1976年から成長を続けています。

ツールドフランス優勝経験もあり、日本ではすっかりロードバイクブランドとして定着。

購入できるお店は?

全国的に見てトレックを扱う自転車店の数は少なく、購入するには50km離れた店になってしまうこともある。

ネット通販もやっていないので、取扱い店リストで最寄りも店へ行くしかない。



スポンサーリンク

トレック取扱店検索

直営店やコンセプトストアと呼ばれる豊富な展示がある店が他のブランドに比べて多いので、行けば満足できるバイクショップが多い。

逆に言うと一般的な店のように、トレック以外のブランドは相談しにくい。

1シリーズのフレーム設計を 540サイズで他のブランドと比較してみした。

特徴はシートアングルがGIANTやFELTのようなレースモデルよりも立っています。サドルの位置がやや前になるので、前傾姿勢もTCR1やFシリーズと比べてハンドル位置が近い。

BBからヘッドチューブまでのリーチを見てもFELTのZシリーズよりも短く、楽なポジションを取りやすいことがわかります。

トップチューブとシートチューブの接続部分は軽い傾斜がついたスローピング府フレームなので小柄な人でもシートポストが出せてサドルバッグやライトを取り付けやすく、ポジションも出しやすい。

ハンドリングの軽さはジャイアントのTCRなどと変わらず非常にクイックで高速走行時に思い通りのラインを取りやすいように設計されています。

次ページは1.1に装備できるオプションパーツについて


スポンサーリンク