トレックのエモンダALR 4を徹底分析 TREK EMONDA


スポンサーリンク

 トレックのロードバイクエモンダALR4の良い所、悪い所を他のブランドと比較しながらチェックしてきます。

トレック エモンダ ALR4 2016

トレックのエモンダALR4はどんなモデル?

TREKブランドの中で軽量さを意識するアルミロードバイクとして位置づけられた15万円から買えるモデル。

レース用の設計を基本にしているので、切れのあるハンドリングと風の抵抗の少ない前傾姿勢で乗れる。

トレック独自のAlphaアルミフレームで、カーボンモデルに迫る軽さと剛性を目指しています。

エモンダALR4の価格

2016年エモンダALR4 159,000円

2017年エモンダALR4 138000円

2018年エモンダALR4 129000円

毎年1万円近く価格が下がってきています。
来年もさらに下がるのでしょうか?
これだけ毎年値下げするモデルも珍しいです。

上位モデルのエモンダALR5は166000円です。

他のブランドのソラをスペックしたモデルは

ジャイアント コンテンド1 95000円

スコットのスピードスター50.1 10500円

フェルトのF95 99,800円

スペシャライズドのアレースポーツ 108000円

トレックブランドとは?

トレックはアメリカウィスコンシン州で生まれたMTB系ブランド。

MTB系アメリカブランドとしては歴史が長く、1976年から成長を続けています。

ツールドフランス優勝経験もあり、日本ではすっかりロードバイクブランドとして定着。

購入できるお店は?

全国的に見てトレックを扱う自転車店の数は少なく、購入するには50km離れた店になってしまうこともある。

ネット通販もやっていないので、取扱い店リストで最寄りも店へ行くしかない。

トレック取扱店検索

直営店やコンセプトストアと呼ばれる豊富な展示がある店が他のブランドに比べて多いので、行けば満足できるバイクショップが多い。

逆に言うと一般的な店のように、トレック以外のブランドは相談しにくい。

エモンダのフレーム設計を 540サイズで他のブランドと比較してみした。

基本的な設計はレース向けでハンドリングもシャープです。

特徴はレースモデルの中ではチェーンステーが長めなこと。

チェーンステーを伸ばすとリア剛性が下がり、重量も増えるのでレースモデルでは敬遠されがちですが、乗り心地と走行安定性が良くなるメリットがあります。

同じトレックのレースモデルの1シリーズと比べても3mm長い設定になっています。

トレック 2016年モデルエモンダALR4の価格

¥159,000

、アルミの廉価盤として1シリーズがあるので、アルミロードとしては、やや高めの設定からスタートします。

ソラで組んだ10万円クラスのモデルは1シリーズのみです。

エモンダはレースに参加できるティアグラグレードのフルシマノコンポからスタートします。

目的別予算の決め方はこちら

エモンダの2016年モデルの特徴は?

フレーム性能

クロスバイク フレーム

1シリーズよりも軽量なトレック独自の300シリーズと呼ばれる素材を採用。

より軽さを意識しているので、キャリアダボは省かれています。

変わっているのはヘッド規格とBBです。

上下異径のテーパーヘッドで前輪周辺の剛性が大幅にアップ。

BBは最新のBB86という規格でトラブルも少なく、剛性も高いメリットがあります。

フレーム素材の選び方、アルミか、カーボン、スチールの特徴とデメリットについて

ロードバイクのフレームに最適なフェンダー(泥除け)選び

キックスタンドは取り付けられるの?



スポンサーリンク

フレームとフロントホイールをつなぐフォーク性能

 クロスバイク フォーク

振動吸収性の高いカーボン素材を採用。

ステアリングコラムはテーパー規格なので、しっかりと最新のトレンドを押さえています。

前ギアのクランク性能

 クロスバイク クランク

クランクはシマノのティアグラでこのクラスではスムーズな変速をしてくれます。

将来の拡張性を左右するコンパクトクランクとノーマルクランクの違いについて。

チェーンの位置を動かす変速性能

 クロスバイク リアディレーラー

ティアグラの11-28Tで、かなり細かくギアを選べるようになっています。

ジャイアントのTCRなど、他のアルミロードバイクはかなりワイドレンジな設定が多い中、あえてレースで使いやすいクロスレシオ設定です。

故障した時に困らないロードバイクの選び方は?

シマノの変速グレード一覧(DURAACEを100円としたときの価格)
DURA-ACE 11段変速 100円
ULTEGRA 11段変速 40円
105 10段変速 22円
TIAGLA 10段変速 20円
SORA 9段変速 14円
CLARIS 8段変速 10円
TOURNEY 7段変速 7円

ブレーキ性能

 クロスバイク フォーク

ブレーキもシマノのティアグラなので、105グレードとはいきませんが、十分な制動力を発揮してくれます。

買う間に知っておきたい、低予算でブレーキ性能をアップさせるためのコツ

回転を支えるハブとホイール性能

クロスバイク ホイール

リムはチューブレスに対応しているので、将来より軽くグリップ力の高いチューブレスタイヤに交換することも可能。

地面との接地を支えるタイヤ性能

クロスバイク タイヤ

幅23Cのレースタイヤを装備。

ロードレーサーとしては一般的なサイズです。

買った後に後悔しないためのタイヤサイズの変更幅について?

まとめ

同じトレックの1.1と比べてやや値段が高いですが、アルミでレースを目指す人のためのロードバイク。

特にヘッドとBBの規格は後から変更できないので、レースデビューを考えている人には多少予算をオーバーしても検討して欲しいです。

台湾系の安いカーボン入門モデルと悩む所ですが、アメリカブランドにこだわりたい人は買いです。

欲しいモデルの現物を見て試乗するための近道

TREK EMONDA ALR4 ロードバイク 公式サイト

[バイクページ用10万クラス]



スポンサーリンク