ロードバイクの正しい乗り方、またぎ方


スポンサーリンク

ロードバイクの乗り方テクニックというと、速く走るための方法などがたくさん出てきます。今回は意外と知らない人が多い、走り出す前の正しいまたぎ方を紹介。

ロードバイク 乗り方 またぎ方

ロードバイクに乗る時にフラフラしている人って結構いるんです。

サドルがママチャリよりもかなり高いので、ママチャリ気分でまたぐとおっとっととなってしまいますよね。

シャキッと走り出すための正しいロードバイクのまたぎ方を紹介します。

足はサドルの後ろから

ハンドルからサドルにかけて真っ直ぐにトップチューブが伸びているロードバイクはサドルの前から足を通そうとすると大変です。



スポンサーリンク

サドルの前から足を通すとなると、足を体にかなり引き寄せないとトップチューブをまたげません。

そのため、サドルの後ろから回し蹴りの要領でまたぎます。

バイクはしっかり寝かせる

後ろから足を回そうと思っても、サドルの位置が高くて引っかかってしまいます。

柔軟性がある人は何とかなるかもしれませんが、、、普通の人は車体を自分の方に傾けます。

そうすると、サドルが低くなり簡単に跨げるようになります。

自分とロードバイクが近すぎると倒せないので、1mぐらい距離をとって倒し込みましょう。

サドルに座るのは走り出してから

スタートする時はサドルには座らず、立ちこぎで走り出します。

クランクが2回転したぐらいでサドルに着地すると、バイクがフラフラせずにスマートです。

[ソフトページ用]



スポンサーリンク