ロードバイクに慣れてきた欲しいアイテム


スポンサーリンク

購入してから1か月ぐらい乗ると、ロードバイクの感覚が分かってきます。
半日のツーリングなどに出かけたくもなってくる頃です。

本格的にロードバイクを使うようになってきたら欲しいアイテムを紹介。

ロードバイク パーツ

レーサーパンツ

1時間以上走るようになると、お尻が痛くなってきます。
サドルを柔らかい物に変更する手もありますが、柔らかい大きなサドルは股ずれの原因になるので、パッド付きのインナーショーツを買うのが一番です。
普段はいているパンツの下に着られるモデルのおすすめ↓

ショーツ単体ではくタイプのおすすめ↓

ミニポンプ/スペアチューブ/タイヤレバー

チューブ交換が自分でできるようになったらポンプ、チューブ、タイヤレバーのセットを持ち歩きましょう。
ポンプは細見のボディにロングストロークモデルがロードバイクに最適です。
バレルが細くないと高圧まで上がった時にかなり力を入れないと入りません。
おすすめのロングストロークモデル↓

ミニツール

ツーリング先のトラブルで一番あるのがチェーンの切断です。
数年に1回はチェーンが切れることがあります、チェーンが切れてしまうと走れませんので、一番対策しておきたいトラブルです。
少し重くなってしまいますが、チェーン工具が付属するミニツールを揃えておきましょう。
おすすめのミニツール↓



スポンサーリンク

フレームプロテクター

ロードバイクのフレームを傷から守るアイテムです。
主にチェーンの暴れによる傷を防ぐチェーンステー用、ケーブルのこすれを防ぐシール、地面からの飛び石を防ぐシールの3種類があります。
特にチェーンの傷は段差で結構つきやすいので、早めに対応するのがおすすめです。
チェーン用保護カバーのおすすめ↓

[ソフトページ用]



スポンサーリンク