将来の拡張性を左右するコンパクトクランクとノーマルクランクの違いについて。


スポンサーリンク

ロードバイクのクランクはかなり重要なパーツです。

ロードバイク クランク

フロントギアとペダル、BBにつながっているクランクはライダーの入力を直接受け止める存在であり、変速の要でもあります。
ちなみにクランクとは自動車教習所などで出てくる90度の曲がり角が2つあるという英語から来ています。
クランクを取り外してみると、教習所で見たあの形になっているのです。

今回はコンパクトとノーマルの2つの規格について紹介します。

フロントには2枚のギアが装備されていて、ノーマルクランクには52T+39T、コンパクトクランクには50T+34Tが付いています。
Tというのは歯数で52Tであれば52の歯があることを意味します。



スポンサーリンク

大きなギアと小さなギアの組み合わせがノーマルとコンパクトの違いになります。
特に注目してほしいのは小さいギアの差が5tあることです。

フロントギアは小さいほど軽いギア比になります。1回ペダルを回した時に進む距離が短い代わりに、軽い力で走れます。
平地ではまったく気にしなくてよいのですが、峠を走った時にだんだんと苦しくなってギアを軽くしていきます。
その時にノーマルクランクの39tではかなりの筋力が無いと、足が回らなくなるのです。

もちろんノーマルクランクにもメリットはあり、大きい歯と小さい歯の差が小さいので、変速した時の差が少なく丁度良い回転数を維持しやすいです。
筋力さえあれば、トップスピードも2t分速くなります。

ただ、初心者の場合はほぼ全員が登りで39tだときついと感じます。

次ページは軽いギアに変えるためのカスタム方法について



スポンサーリンク