ロードバイクのディスクブレーキモデルを選ぶポイント


スポンサーリンク

いよいよロードバイクのディスクブレーキ装備モデルが本格的に販売されます。

kona flatmount disc brake

MTBでは当たり前になったディスクブレーキがロードバイクではどのようなメリット&デメリットがあり、将来的にも失敗しない選び方を紹介します。

ディスクブレーキロードのメリット

・抜群の制動力

従来のキャリパーブレーキに比べて、1.5~2倍は効きます。

・高いコントロール性

ブレーキを引いた力とブレーキ力が安定して変化するので、ハードブレーキやコーナリング時の安全性が高いです。

・雨に強い

制動部分が地面から高いので、雨の中でも泥や砂の影響を受けずに一定の制動力を発揮してくれます。

・汚れに強い

リムブレーキは地面の汚れや手の油がつきやすいですが、ディスクブレーキは面積が狭く汚れが付着する可能性が低いです。

・事故に強い



スポンサーリンク

転倒してホイールが曲がってしまったとしても、ディスクブレーキなら走行を続けられる可能性が高いです。リムブレーキだと、ちょっとホイールが曲がるとブレーキが接触して走れなくなります。

・ホイールの固定が簡単

スルーアクスルのメリットになりますが、ホイールとフレームの固定が誰でも簡単に正確に行えます。

・見た目が良い

リムブレーキは当たり面がシルバーですが、ディスクブレーキは塗装できるので、カッコよいホイールが多いです。

・ホイールの寿命が長い

リムを削りながら止めるブレーキに比べて、リムの摩耗を考える必要が無くなります。特にカーボンリムユーザーにとってもメリットは大きいです。

・超軽量ホイールが期待できる

リムが削れることを考慮せずにホイールの設計ができるので、将来的にかなり外周部の軽いホイールが出てくると思われます。

・フレームの高性能化

ブレーキを保持する台座をエンド付近に集約できるので、より乗り心地の良いフレームやエアロ性能の高いフレームが可能になります。

次ページはデメリットについて


スポンサーリンク