フレーム素材の選び方、アルミか、カーボンかスチールか?


スポンサーリンク

ロードバイクで最も重要な部分と言えるフレーム素材

ロードバイクフレーム

フレームには大きくわけてアルミ、スチール、カーボンの3つの種類があります。
素材別に特徴と目的に合わせた選び方を紹介。

まずは価格差について

純粋に素材の価格で言えば、スチール>アルミ>カーボンですが、モデルによって逆転している物も結構あります。
特に軽量なスチール素材はアルミやカーボンの価格を上回るフレーム価格になっていることもあります。
高くなる理由は、フレームを軽くするためには薄く高精度なパイプを使って、丁寧に溶接しなければならないので、どうしても高価格になります。
同じようにカーボンフレームもかなりの価格幅があります。
完成車で20万円前後が入門カーボンフレームの一般的な価格ですが、フレームだけで50万円するモデルも存在します。



スポンサーリンク

カーボンフレームの価格差は結果的に重量と剛性、乗り心地として現れます。
軽量で力を逃がさず、長時間乗っても疲れにくいロードフレームを作ろうとすると、より高級なカーボン繊維を使い、緻密に特製の異なるシートを重ねていく工程が必要になり、製造コストが大幅にアップします。
ただ、価格が2倍になっても性能が2倍になることはありません。
フレーム価格が2倍になっても、重量は20%減、剛性は20%アップが最大値です。
最もおすすめの価格帯はアルミフレームの15万円クラス化、カーボンフレームの20万円クラスです。これらのフレームは低価格でありながら、最上級グレードとも十分戦えるだけの性能を発揮してくれます。

↓次ページは乗り心地について↓



スポンサーリンク