激安ロードバイクは10万円と何が違う?


スポンサーリンク

激安ロードバイクの真の姿とは?

ロードバイク 激安
ロードバイク選びで初心者が迷うのは予算です。
3万円から10万円、高い物は100万円まであります。

車だと100万~300万ぐらいの価格ですが、ロードバイクはかなり幅がありますね。

5万の激安ロードバイクと100万円の高級ロードバイクの差は20倍です。

今回は3万円のロードバイクと10万円の違いをチェックします。

比較するのはこの2つ

①ドッペルギャンガーの3万円の激安ロードバイク
http://www.doppelganger.jp/product/423/
オシャレなカラーリングで通販で人気の商品です。
外観は普通のロードバイクです。

②ジャイアントのデファイ3
http://www.giant.co.jp/giant15/bike_datail.php?p_id=00000207#specifications
本格的なロードバイクブランドの入門モデルです。

フレームサイズ展開が違う

激安ロードバイクはサイズ展開が520の1つだけに対して、10万円の方は430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)mmの4つもサイズがあります。

そもそも初心者にサイズを変える必要があるのか?という疑問もあると思いますが、ロードバイクのフィッティングは非常に重要です。

身長によって手の長さやお尻から膝までの長さが異なり、自分に合わないサイズに乗ると速く走れないだけでなく、関節や筋肉を傷めてしまいます。

長時間同じ姿勢で乗るので、ポジションの違いで快適さが違ってくるのです。



スポンサーリンク

フレームサイズを変えるとそれだけ在庫や製造のコストがかかるので、値段が上がるのです。

他のサイズも違う

サイズが違うのはフレームだけではありません。

10万円のロードバイクはパーツのサイズも違います。

例えば

“ハンドルバー GIANT CONNECT 31.8 400mm(XS、S)、420mm(M、ML)”

“ハンドルステム GIANT Aluminum 31.8 80mm(XS)、90mm(S)、100mm(M、ML)”

“ギアクランク SHIMANO SORA 34/50T 165mm(XS)、170mm(S、M、ML)”

のように、フレームだけではカバーしきれない体格の違いをパーツでも補っているのです。

これだけ細かな調整があるからこそ、速く楽に走れるロードバイクと言えます。

実際は購入前後で買う人に合わせてさらにパーツを交換して微調整が行われます。

それだけフィッティングというのは重要視されるのです。

重さが違う

激安ロードバイク 12.5kg

10万円ロードバイク 9.6kg

その差は3kgです。

ペットボトル2本を背負って2時間走り続けることを考えてください。

想像しただけで疲れそうですね。

自転車の重量は走り出しと上り坂で特に影響します。

実際に乗ってみると、3kgの差はかなり大きいです。

反応が違う

スペック表を見てもわからない所ですが、踏み込んだ時の反発が違います。

激安ロードバイクは剛性が低くしなりやすいので、踏んでもバシッと前に出るような感覚がありません。

10万円のフレームはカチッとした印象で、踏めばグイグイと進んでくれます。

マニアな人の感覚だと思われるかもしれませんが、乗り比べれば初心者でもわかるほどの違いがあります。

次ページはフレームの強度について



スポンサーリンク