ヘッドアングルとロードバイクの乗り心地の変化を検証


スポンサーリンク

ロードバイクのハンドリングを決める2大要素の1つがヘッドアングルです。

ロードバイク ヘッドアングル

ヘッドアングルはシートアングルと似た73度前後が良く採用されます。
角度が立っているほどハンドルがクイックになり、簡単にハンドルが切れるようになります。
高速域では気持ちの良いハンドリングですが、低速域ではフラフラしやすくなるのがデメリットです。
角度が寝ているとハンドルが切れにくくなり、手を放しても直進してくれます。
ハンドルの復元力が強いので、コーナーで抑え込まなければいけないので、切り返しの多い高速コースではバイクコントロールが不自然になりがちです。



スポンサーリンク

例えばキャノンデールのレースモデルcaddシリーズとコンフォートモデルのシナプスシリーズは1度の差をつけています。
コンフォートモデルは低速でも安定した走りができるようにハンドルの切れを抑えています。

小さなフレームアングルでは、シューズとタイヤの接触を避けるために、ハンドリングを犠牲にして、わざと寝かせているモデルが多いです。

[ソフトページ用



スポンサーリンク