レース?ツーリング?通勤?目的別価格と性能選び


スポンサーリンク

ロードバイクの価格は6万円から100万円まで幅広く、乗り方も人によって様々です。

目的別ロードバイクバイク選び
使い方別でおすすめの自転車選びを紹介。

自転車通勤なら

価格帯は8万円~16万円
フレームはアルミかスチール
重要なスペックはキャリア穴とタイヤの太さ。
毎日の通勤で使用するとロードバイクへのダメージは積み重なっていきます。
高額なロードバイクはレースを基本に考えられているので、自転車通勤の耐久性はそもそも設計に入っていません。
ドロップハンドルのロードレーサーで通勤をしたいなら、荷物の積載力とタイヤの太さが重要。
荷物をリュックで背負う人も多いですが、着替えなどを持っていくことを考えるとパニアバッグがほしくなります。
そうなった時にキャリアを取り付けるネジ穴とそれを支える太めのタイヤが入る性能が重要になります。

ツーリングで使うなら

こちらの用途も自転車通勤と同じような性能が求められます。
特にタイヤの太さは自転車通勤よりも太い32c以上が必要になります。



スポンサーリンク

週末の運動に使うなら

フィットネス目的であれば、大きな荷物を持つ必要が無いので、純粋なレースモデルを買っても問題ありません。
価格も高いモデルを選ぶほど軽量で楽に走れるので予算が許す限り上のグレードを選びます。
あまり運動に自信が無ければ、レース設計のフレームだと腰や背筋が痛くて乗れないこともあるので、リラックスしたポジションのロードバイクフレームを選ぶことも選択肢です。

レースで使うなら

ロードレースで速さを競うならカーボンフレームのグレードを狙いましょう。
15万程度から良質なカーボン完成車が買えるようになってきました。
アルミに比べて軽量で反応が良いので、タイム短縮に貢献してくれます。
レースを続けていきながら、自分に合ったパーツにグレードアップしていくのがおすすめです。
まずは20万円程度のモデルを買って、徐々に改造していきましょう。

ロードレースと自転車通勤のバイクを1台で両立させたい場合、どちらか1方を妥協しなければいけません。
どうしても大きな荷物がある場合は通勤側のスペックを優先し、軽い荷物だけでいけそうであれば、ロードレースのスペックを優先してもOKです。

特に最初の1台はフレーム素材とキャリア取り付け穴、タイヤの対応幅 を意識して選びましょう。

[ソフトページ用]



スポンサーリンク