ロードバイクに使えるスタンドを目的別に紹介


スポンサーリンク

自転車通勤や自宅保管に使える便利なキックスタンドや展示スタンド

自転車屋さんに相談すると、ロードバイクにはキックスタンドの取り付けはできません。というのが結論になってしまいます。
でもこれにはしっかりと理由があります。

ロードバイクにスタンドNGと言われる理由

ロードバイクのフレームはMTBやクロスバイクに比べて薄く作られています。
キックスタンドは金属の板でフレームを挟み込んで固定する方式がほとんどなので、簡単にフレームがへこんでしまい、最悪の場合折れてしまうこともあります。
そのため、ロードバイクにはキックスタンドは基本的にNGなのです。
そんなロードバイクにも取り付けられるスタンドはいくつかあります。

ロードバイク用 キックスタンド

外出先で使えるスタンド

外出先でロードバイクに使えるスタンドはシートステイ固定式、クイックリリース固定式、BB固定式、ペダル固定式があります。

アルミフレームで定価が15万以下のエントリーロードの場合はシートステー固定式のスタンドが一番おすすめです。
ロードバイクは薄いから割れるという話もありますが、エントリーモデルのアルミフレームならアルミのクロスバイクとそれほど厚みは変わらないので、ねじの締め付けトルクを適正にすれば大丈夫です。

シートステー固定式

価格は安く1500円~2500円ぐらいで買えます。
GIZAのスタンドは安くて、見た目もシンプルでおすすめです。
AMAZONでGIZAのスタンドを見る。

締め付けトルクに関しては4Nmぐらいで止めておきましょう。
4Nmは緩めなので、1か月に1回ぐらいは緩んでいないかのチェックも忘れずに。
最近はトルクレンチも4000円程度で買えるので、4Nm固定を1本持っておくと大事なロードバイクを壊さないで済みます。
4Nm固定のトルクレンチをAMAZONで見る。

シートステー固定式でも、1本だけで止めるスタンドは使わない方が良いです。
1箇所に負担がかかりすぎて破損、スタンドが回転してしまうことがあります。

クイックリリース固定式

スマートさを優先するなら、これが一番おすすめです。
ホイールを固定するためのクイックリリースにスタンドを挟み込んでしまうので、フレームパイプに影響がありませんのでカーボンロードバイクにも使えます。
使い方も普通のスタンドと同じように足で蹴るだけです。
これのデメリットは固定場所が1か所(一般的なスタンドは2か所で固定)なので、どうしてもガタが大きくなります。
ロードバイクの軽い車体なら大きな問題にはなりませんが、荷物を載せたりすると倒れやすいので注意が必要です。
あと、車輪を固定する部分に挟み込むので、定期的に緩んでいないかをチェックしないと危険です。

ポータブル式

バイクとは別に持ち運んで使用するスタンドです。
設置が面倒ですが、必要な時だけ使えるので自転車への影響が少ないのがメリット。
おすすめはクランクに固定する方式です。
コンパクトで持ち運びが楽で、それなりに立ってくれます。
強い風が吹くと倒れてしまうことがあるため、長時間の駐輪には向きません。

ミノウラボトルケージ用ロードバイクスタンド

ボトルケージからステーを伸ばすミノウラのロードバイク用簡易スタンド

トピークフラッシュスタンド ロードバイク

トピークからはBBで支えるタイプとペダルで支えるタイプの2種類が販売されています。

どのタイプもあくまで簡易スタンドなので、結構倒れやすい上に毎回取り付けが面倒というデメリットがあります。
ロングツーリングに行って、良いアングルで記念撮影がしたいという人にとっては役立っているようです。

ヘルメットをスタンドにする

記念撮影用でロードバイクを立てるなら、ヘルメットを使うのが一般的です。
ペダルを最下部に回して、その下にヘルメットを置きます。
段差にペダルをかけるイメージでヘルメットにペダルを支えてもらうとロードバイクが自立します。

風ですぐに倒れるので普段使いには無理ですが、記念撮影にはこれで十分です。

据え置き型

自宅と職場だけで使うなら、据え置き型のスタンドが安定性も高く、荷物になりません。
コンパクトで低価格な据え置き型のハブを挟み込みタイプから本格的なワークスタンドまで選択肢がたくさんあります。



スポンサーリンク

ハブ差し込み式

安定性が高く、低価格、取り付けも簡単と3拍子揃っているのがハブ差し込み式です。

ロードバイク用ハブスタンド

使い方はシンプルに、車輪の軸をスタンドに差し込みだけです。
ロードバイクの自重で安定してくれます。
さっと入れるだけで、スタンドも非常にコンパクトなので、自宅用としては一番おすすめです。
価格も3000円程度とリーズナブル。

ハブスタンドをAMAZONで見る。

ハブスタンドを楽天で見る。

タイヤ差し込み式

ハブ差し込みスタンドと同じくらい簡単なのがタイヤ差し込み式のスタンドです。

ミノウラホイールハサミ型スタンド

元々MTB用としてメジャーでしたが、ロードバイクはタイヤが細いので安定性が悪いので、ハブ型スタンドの方が人気です。

クイックリリース挟みこみ型固定式スタンド

ロードバイクのクリックリリースの両端を押さえて自立させるスタンドです。

ミノウラキックスタンドミノウラ ワークスタンド ロードバイク
毎日の駐輪を考えると差し込み型のスタンドが簡単に立てられるのでおすすめですが、変速調整などのメンテナンスには使えません。
挟みこみ型のスタンドであれば、後輪が回転するので、ペダルを回しながら変速調整ができます。

ただ、取り付けはかがんでスタンドを広げて挟まないといけないので、結構大変です。
毎日通勤で使うなら、差し込み型1台+メンテ用に挟み込み型1台がお勧めです。

壁面固定式ロードバイクスタンド

駐車場や納屋がある人、自転車をオブジェとして飾りたい人は壁面スタンドを使いましょう。

イベラ ロードバイク 壁面フックミノウラ ロードバイク スタンド 壁面
フックをボルトで壁に固定して、そこにロードバイクをひっかけます。
前輪をかける縦型と、フレームをかける横型があります。
縦型は左右のスペース効率が良いので、複数台を保管する方に向きます。
横型はロードバイク全体を見せながら展示できますが、左右に大きく幅をとってしまいます。

収納はワンタッチでかけるだけなので、壁面の事情が許せば自宅のスタンドとして非常に便利です。

自立式タワースタンド

賃貸住宅だったり、壁面が木ではなかったりして、壁に固定が難しい場合は自立するタワースタンドがあります。

サインワダイレクト ロードバイクタワースタンド

上下2台の保管が可能です。
地震の時などに倒れるリスクはありますが、ほぼ壁面スタンドと同じ使い勝手です。
見た目の点ではこれをリビングにおいてロードバイクを置いてもゴチャゴチャして、あまりカッコよくありません。

本格メンテナンスが可能なワークスタンド

フィードバックスポーツワークスタンドロードバイク ロードバイク用ワークスタンド

プロのメカニックがロードバイクのメンテナンスで使用するのがワークスタンドです。
クランプでシートポストをくわえるタイプと、フォークのクイックリリースを利用して固定する2種類があります。
フォーク固定タイプは変速メンテナンスなどが行いやすいですが、毎回ホイールをとる必要があるので、自宅用はクランプタイプがお勧めです。
他のスタンドよりも足が広い分だけ場所をとりますが、普段用のスタンドとしても兼用可能です。
何か気になったらすぐにホイールを回して調整できるので、走り出してから何か変だな・・・ということは少なくなります。

まとめ

ロードバイクを駐輪する時に出先で自立させる必要がある時はシートステー2点式を選びましょう。
そうでない場合は据え置き型の差し込み型スタンドを駐輪場に置いておくのが理想です。

本格的なメンテナンスができるようになってきたら、ワークスタンドもお勧めです。



スポンサーリンク