ロードバイクにスタンドを使うには?


スポンサーリンク

自転車通勤でロードバイクを使うなら、キックスタンドが無いと困るという人も多いです。

ロードバイク キックスタンド
自転車屋さんに相談すると、ロードバイクにはキックスタンドの取り付けはできません。というのが結論になってしまいます。
でもこれにはしっかりと理由があります。

ロードバイクにスタンドNGの理由

ロードバイクのフレームはMTBやクロスバイクに比べて薄く作られています。
キックスタンドは金属の板でフレームを挟み込んで固定する方式がほとんどなので、簡単にフレームがへこんでしまい、最悪の場合折れてしまうこともあります。
そのため、ロードバイクにはキックスタンドはNGなのです。
そんなロードバイクにも取り付けられるスタンドはいくつかあります。

ロードバイク用 キックスタンド

クイックリリース固定式

実用性を考えるとこれが一番おすすめです。
ホイールを固定するためのクイックリリースにスタンドを挟み込んでしまうので、フレームパイプに影響がありません。
使い方も普通のスタンドと同じように足で蹴るだけです。
これのデメリットは固定場所が1か所(一般的なスタンドは2か所で固定)なので、どうしてもガタが大きくなります。
ロードバイクの軽い車体なら大きな問題にはなりませんが、荷物を載せたりすると倒れやすいので注意が必要です。
あと、車輪を固定する部分に挟み込むので、定期的に緩んでいないかをチェックしないと危険です。
フレームの形状によっても取り付けられない場合がありますが、下のスタンドであれば、その心配はいりません。

専用のシャフトと対応フレームの万能性で一番おすすめのスタンドはこちら↓

ポータブル式

バイクとは別に持ち運んで使用するスタンドです。
設置が面倒ですが、必要な時だけ使えるので自転車への影響が少ないのがメリット。
おすすめはクランクに固定する方式です。
コンパクトで持ち運びが楽で、それなりに立ってくれます。
強い風が吹くと倒れてしまうことがあるため、長時間の駐輪には向きません。

軽量コンパクトなトピークのモバイルスタンド↓

↓次ページは一番おすすめの据え置き型↓



スポンサーリンク