ロードバイクのブレーキ調整を超簡単にやる方法


スポンサーリンク

ロードバイクのキャリパーブレーキ調整を手と簡単な工具でやるためのコツを紹介。

ロードバイク ブレーキ 調整

効きが悪い、音が鳴る、片側が当たっている、そんな時に初心者でもできるブレーキ調整。

ブレーキの効きが悪いとき

ロードバイクのブレーキが効かなくなってきたと思ったら、手とウエスがあれば簡単に性能を戻すことができます。

ウエスを固く絞って、ブレーキ面とブレーキシューをゴシゴシふき取ります。

これだけで汚れと油がかなり落ちてブレーキが効くようになります。

ブレーキレバーを握った時に遊びがありすぎて、ハンドルにレバーが当たりそうになっている場合はアーレンキーを使って、ケーブルの調整をする必要があります。

5mmの六角レンチでブレーキキャリパー側のワイヤー固定ボルトを緩めてケーブルを引っ張って調整しましょう。



スポンサーリンク

音が鳴るとき

ロードバイクのブレーキ調整が必要な異音はシューっという擦れた音と、キーッという高音の2タイプです。

シュッーっという音の場合はブレーキシューに小石が挟まっている場合がほとんどなので、ブレーキシューを取り外して、ブレーキ面に埋まっている小石を千枚通しなどでほじり出します。

キーッという音の場合はブレーキシューとリムの接触角度を調整します。

1度角度を変えるだけで音鳴りが消える場合があります。

基本はブレーキ面とリム面は平行なので、ごくわずかに後輪側のブレーキシューをリムから離します。

片効きの調整

ブレーキシューの片側が当たったままになっている場合の調整方法。

片効きといわれる状態になってしまったら、手で修正しましょう。

左右の手でブレーキシューを握って、キャリパーを動かします。工具は不要です。

上記の方法を試して、ロードバイクのブレーキ調整をして下さい。

[ソフトページ用]



スポンサーリンク