ロードバイクのチェーンの正しい選び方

ロードバイクのチェーン交換、メンテナンスに必要な規格とチェーンの仕組みを解説。

ロードバイク チェーンの交換、メンテナンス

ロードバイクはチェーンが無いと動きません。

ペダルから後輪へパワーを伝える仕事はもちろん、異なるギヤに移動して変速を行う仕事も担当しています。

一見同じに見えて、幅が違う

チェーンは同じに見えますが、変速段数に合わせて専用のサイズがあります。

変速なしの1段用、7/8段用、9段用、10段用、11段用と全て異なります。

変速段数が多くなるほど、細くなり、精度が求められるので高価になります。

10段変速のディレーラーを装備した人が、安いからといって9段用を購入すると上手く変速しないので注意が必要です。

まずチェーンを買う時は対応段数をチェックしましょう。

いつ交換するのか?

洗浄、注油がされているチェーンは伸びてきた時が交換時期です。

正確にチェーンの伸びを計測するにはチェーンチェッカーという工具を使用します。

2000円前後で購入できます。

その他には注油をサボって錆びてきてしまったら交換します。

一度錆びてしまうと取ることは難しく、ギアの方に負担がかかってしまうので、すみやかに交換しましょう。

チェーンは材質上最も錆びやすく、常に外部に出ているパーツなので、雨の日に走ったら必ず注油するようにしましょう。

どこのブランドを選ぶか

25万円以下の完成車にはシマノのディレーラーに社外品のKMCのチェーンが装備されていることがほとんどです。

シマノのチェーンは工場が買っても高いので、KMCなどにしてコストカットしています。

チェーンを交換する時に国内でKMCの安いチェーンはなかなか入手できないので、シマノを選ぶのが一般的です。

チェーンをシマノに変えるだけで変速レスポンスは良くなります。

次ページは交換方法について

どうやって交換するか

ロードバイクのチェーンの交換はホームメカニックとしては、中級レベルです。

初めて挑戦する人は結構失敗します。

しかもチェーン交換をしてツーリングに出かけたらすぐに切れてしまった・・・・

となると、せっかくの旅が台無しです。

自転車店で一度作業を見せてもらってから、以下の手順でやってみることをおすすめします。

・チェーンをカット

チェーンカッターでチェーンのピンを押し出します。

カッターのピンがちゃんとチェーンのピンに真っ直ぐ入っているかを確認しながら回していきます。

ピンが出てきたら、最後まで押し切ってピンを抜きます。

・チェーンの長さを揃える

新品のチェーンは余分があるので、チェーンカッターで切ります。

この時にチェーンの長さは古いチェーンと合わせて並べると楽です。

・チェーンをギアに通す

チェーンをフロントギア、ディレーラー、リアギアに通します。

1つでも通し忘れると後で面倒な作業があるので、慎重に確認しましょう。

フロントギアからはチェーンを内側に落として余裕をつけておきます。

・チェーンを接続する

新品の箱に入っているチェーンピンをリンクに差し込みます。

チェーンカッターでピンを押し込んでいきます。

この押し込む強さが絶妙で、チェーンのスムーズな動きを左右します。

押し込んだらピンの余分をペンチで折ります。

チェーンのリンクを動かして正常に動くか確認。

以上で作業終了です。

ちゃんと変速するかも試乗してチェックしましょう。

本格的なサイクリングに行く前に、トルクをかけて切れないかチェックすることも忘れずに!!

[ソフトページ用]