ロードバイクのチェーンの正しい選び方


スポンサーリンク

ロードバイクのチェーン交換、メンテナンスに必要な規格とチェーンの仕組みを解説。

ロードバイク チェーンの交換、メンテナンス

ロードバイクはチェーンが無いと動きません。

ペダルから後輪へパワーを伝える仕事はもちろん、異なるギヤに移動して変速を行う仕事も担当しています。

一見同じに見えて、幅が違う

チェーンは同じに見えますが、変速段数に合わせて専用のサイズがあります。

変速なしの1段用、7/8段用、9段用、10段用、11段用と全て異なります。

変速段数が多くなるほど、細くなり、精度が求められるので高価になります。

10段変速のディレーラーを装備した人が、安いからといって9段用を購入すると上手く変速しないので注意が必要です。

まずチェーンを買う時は対応段数をチェックしましょう。



スポンサーリンク

いつ交換するのか?

洗浄、注油がされているチェーンは伸びてきた時が交換時期です。

正確にチェーンの伸びを計測するにはチェーンチェッカーという工具を使用します。

2000円前後で購入できます。

その他には注油をサボって錆びてきてしまったら交換します。

一度錆びてしまうと取ることは難しく、ギアの方に負担がかかってしまうので、すみやかに交換しましょう。

チェーンは材質上最も錆びやすく、常に外部に出ているパーツなので、雨の日に走ったら必ず注油するようにしましょう。

どこのブランドを選ぶか

25万円以下の完成車にはシマノのディレーラーに社外品のKMCのチェーンが装備されていることがほとんどです。

シマノのチェーンは工場が買っても高いので、KMCなどにしてコストカットしています。

チェーンを交換する時に国内でKMCの安いチェーンはなかなか入手できないので、シマノを選ぶのが一般的です。

チェーンをシマノに変えるだけで変速レスポンスは良くなります。

次ページは交換方法について


スポンサーリンク