最新版ロードバイクのメンテナンスマニュアル


スポンサーリンク

バイクに必要なメンテナンス方法一覧。

日々やるべき内容から速く走るためのチューニングまで自転車の調整に必要な全てを紹介します


DSC_3840

ロードバイクは専門店で購入した後も、継続的なメンテナンスが必要な乗り物です。

車やオートバイは大部分がメンテナンスフリーになっているので、買ってか2年後の車検まで何もせずに乗り続ける人もたくさんいますし、それが可能な設計になっています。

ロードバイクは軽さと速さを徹底的に追求しているので、稼動部分のカバーが無かったり、シールされていなかったりと、劣化が早く進みます。

ボルトも最小限のサイズで、ゆるみ止めしも少ないので定期的な増し締めも必要です。

このようにロードバイクは定期的にメンテナンスを行うことを前提に製造されています。

こまめに点検、修理を行っていれば、10年以上良いコンディションで乗り続けることが可能です。

走行前の点検方法

悪くなった後の修理よりも大事なのが、故障を事前に防ぐことです。

サイクリングに出かける前に各部の点検を行うことでコストのかかる修理を減らしましょう。

走る前に毎回実施したい乗車前点検の方法を紹介。



スポンサーリンク

メンテナンスが必要な場所一覧

ブレーキレバーのメンテナンス

ブレーキのメンテナンス

ハブのメンテナンス

スポークのメンテナンス

リムのメンテナンス

タイヤのメンテナンス

ペダルのメンテナンス

ギアのメンテナンス

ディレーラーのメンテナンス

サドルのメンテナンス

シートポストのメンテナンス

ハンドルバーのメンテナンス

バーテープのメンテナンス

ヘッドパーツのメンテナンス

ケーブルのメンテナンス

チェーンのメンテナンス

走行後の洗車、メンテナンス方法

ベランダや庭で水が使える場合

室内でやる場合

オプションパーツを取り付け、交換する

ライトの取り付け方

スタンドの取り付け方

フェンダーの取り付け方

サイクルコンピューターの取り付け方

パーツ交換の方法

バーテープの交換

ハンドルバーの交換

ブレーキキャリパーの交換

カセットスプロケットの交換

ペダルの交換

調整で性能が変わるチューニング方法

ブレーキキャリパー

ワイヤー

チェーンクリーニング

ベアリングのグリスアップ

ロードバイクのメンテナンスに必要な工具一覧と選び方。



スポンサーリンク