ペダルはどれが正解?普通のペダルor固定式ビンディング?


スポンサーリンク

ロードバイクを買うときに迷うのがペダルのチョイスです。

ロードバイク ビンディングペダル
ペダルは別売の自転車が多いので、購入時に何かしらのペダルを購入する必要に迫られます。
ホイールやハンドルと違って、とりあえず最初から付属する物で使ってみようというのが出来ないのです。

そんなロードバイク最初のペダル選びを説明します。

ペダルとシューズをつけるかどうか

街で見るロードレーサーの方は派手で硬そうなシューズを履いている人がいますね。

彼らが履いているのはビンディングシューズとペダルのセットです。

シューズの裏に金具がついていて、ペダルと結合するようになっています。

メリットは足を引き上げるときに加速できることです。



スポンサーリンク

普通のペダルではペダルを逆向きに押さないように軽く足を上げる程度しかできませんが、ビンディングペダルではグッと足を上向きに引っ張り上げることで30%程度のスピードアップが実現できます。

速く走りたいなら最も対比用効果の高いカスタムと言えます。

ビンディングシステムのデメリットは?

ビンディングシューズのデメリットは、専用シューズしか選べないということです。

普段履いているスニーカーは使えません。

専用のSPDSLシューズなどはレーシーな形の物が多いので、友人の家に遊びに行くときなどはちょっと大げさすぎるように思います。

あと、ペダリング効率を高めるために硬い曲がりにくいソールが入っているので、歩けないことは無いですが、長時間の歩行には向きません。

ペダルも専用の金具がついているので、普通の靴ではかなり踏みづらいです。

ちょっとコンビニぐらいであれば何とかなりますが、10分スニーカーで走ると嫌になります。

次ページは2大ビンディングシステムの選び方について



スポンサーリンク