アルミフレームがすごい フェルト F75 FELT


スポンサーリンク

アルミの性能を最大限高めたフェルトのF75 2017年モデルはこだわりのフレーム設計で乗り心地が抜群 。

アルミパイプの設計に長年携わってきたジムフェルトが開発するブランドFELT。
ピュアレーサーとしての位置づけのFシリーズですが長距離を走っても疲れにくい、ライダーに優しい設計がポイント。

価格

2016年モデル ¥158,000

2017年モデル ¥148000

昨年モデルと比べて1万円価格が下がりました。

スペックはほとんど変わっていませんが、唯一ブレーキがグレードアップ

効きの弱いテクトロからシマノの105相当に変わりました。

高性能アルミ、テーパーヘッド、シマノクランク、シマノブレーキで、かなり総合力が上がりました。

ジャイアントンのコンテンドSL1も同じ105スペックで価格は¥140000。

ほぼ同じスペックですが、8000円価格が安いですね。

スペックの違いで気を付けたいのがブレーキがテクトロだということです。

安定したブレーキはシマノが間違いないので、購入後交換することを考えると価格差はそれほどありません。

目的別予算の決め方はこちら

フレーム性能

クロスバイク フレーム



スポンサーリンク

フレームスペック:SuperLite Custom Butted 7005 aluminum、Dynaform TIG-welded construction、threaded BB
フェルトのアルミロードレーサーは7005のアルミを使っているのが最大のポイント。
6000系のアルミに比べて軽くて高性能なフレームに仕上げることができます。
パイプの厚みを場所によって変更するカスタムバテッド加工で不要な部分は軽くなるようにしています。
パイプはただの丸ではなく、油圧で変形させたダイナフォーム。

BBはねじ切りタイプと言われるスレッデッドBBで、BB30のように異音が出るトラブルも少ないので良い所です。

乗り心地の良さの秘密は、振動吸収性に優れるパイプの設計方法にあります。
外からは同じように見えるフレームパイプの一部を薄くすることで、余計な振動を吸収するようになっています。
他のブランドでも同じような作り方をしていますが,FELTはサイズによってパイプの組み合わせを細かく変更しているので、どのサイズに乗っても乗り心地が良いのが特徴です。

ダウンチューブからBBまでは幅広のチューブを採用しているので、ペダリング時のパワーはしっかりと受け止めてくれます。

フレーム素材の選び方、アルミか、カーボン、スチールの特徴とデメリットについて

ロードバイクのフレームに最適なフェンダー(泥除け)選び

キックスタンドは取り付けられるの?

次ページは取り付けられるオプションパーツについて



スポンサーリンク