のんびり走るならジャイアントのデファイ2


スポンサーリンク

店では教えてくれないデファイ2の乗りやすさ、軽さ、耐久性、変速性能を独自の視点で分析。

本当に買うべきモデルか検証。

ここがすごい⇒ダブルバテッドの肉薄フレームが軽量で9.2kgの完成重量

ここだダメ⇒ブレーキの性能が低く、急ブレーキは不得意

giant defy2

価格¥115,000

フレーム性能

クロスバイク フレーム

ALUXX SL-Grade Aluminum OLD130mm

GIANTのオリジナルアルミフレーム、アルミのグレードは6061系の合金でロードバイクとしては最も普及価格帯の素材。
元々剛性は少ない合金ですが、油圧成型の技術を高めて2段階に絞り込むことで軽量化を実現。
デファイ3以下は1段階のみの絞込みなので、3からの方がより軽量。

 ジャイアント デファイ2 ロードバイク

フレームとフロントホイールをつなぐフォーク性能

 クロスバイク フォーク

Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム

ブレードがカーボンで、フレームに差し込む部分がアルミのフォーク。
下位グレードと同じ物が装備されて物と同じパーツ。

前ギアのクランク性能

 クロスバイク クランク

シマノのティアグラグレードで、フロントの変速性能は高い。
フロントギアは35Tでコンパクトタイプなので急な登り坂でも軽くギアをまわせる。

チェーンの位置を動かす変速性能

 クロスバイク リアディレーラー

フロントと同じくティアグラの10段変速。
チェーンはKMCでコストカットされているが、ギアはティアグラで統一されているので、変速レスポンスも良好。



スポンサーリンク

ブレーキ性能

 クロスバイク フォーク

TEKTRO R312

テクトロのキャリパーブレーキで、ブレーキ性能は低め。
アーチ自体の剛性が低いので、フルブレーキ時にはブレーキが開いてしまって100%の制動力を発揮できない。
感覚的にはシマノのティアグラに比べて70%程度の効き具合。

回転を支えるハブとホイール性能

クロスバイク ホイール

GIANT S-R2

下位グレードと同じジャイアントオリジナルのリム。
2000gの重さがあるので、漕ぎ出しは結構重い。

地面との接地を支えるタイヤ性能

クロスバイク タイヤ

こちらも下位グレードと共通の25Cタイヤ。
クッション性は良く、走行抵抗も23Cと大きく変わらないので、ロングライドには最適。

GIANT DEFY2 公式サイトはこちら

[バイクページ用10万クラス]

ジャイアント デファイ フルスペック表

フレーム ALUXX SL-Grade Aluminum OLD130mm
フロントフォーク Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム
BBセット SHIMANO SM-BB71-41B Press Fit (BB86)
ギアクランク SHIMANO TIAGRA 34/50T 165mm(XS)、170mm(S)、172.5mm(M、ML)
チェーン KMC X10
F.ディレーラー SHIMANO TIAGRA 直付用
R.ディレーラー SHIMANO TIAGRA
シフター SHIMANO TIAGRA 10S
ブレーキセット TEKTRO R312
ブレーキレバー SHIMANO TIAGRA
ギア SHIMANO TIAGRA 10S 12-30T
ヘッドセット FSA シールドカートリッジ 1-1/8″-1-1/4″
ハンドルバー GIANT CONNECT 31.8 400mm(XS、S)、420mm(M、ML)
ハンドルステム GIANT Aluminum 31.8 80mm(XS)、90mm(S)、100mm(M、ML)
サドル GIANT PERFORMANCE LITE D2
シートピラー GIANT D-FUSE Composite
シートクランプ 専用クランプダブルボルト
ペダル GIANT GR-01
Fハブ FORMULA 24H
Rハブ FORMULA 28H
リム GIANT S-R2 24H、28H
スポーク Stainless 14G
タイヤ GIANT S-R4 700x25C
チューブバルブ 仏式バルブ
付属品 ベル


スポンサーリンク