ジャイアントのデファイ4を買って良いか考える DEFY4

スポンサーリンク

ジャイアントのロードバイク デファイ4を徹底分析 GIANT DEFY4

店では教えてくれないデファイ4の乗りやすさ、軽さ、耐久性、変速性能を独自の視点で分析。
本当に買うべきモデルか検証。

ジャイアント デファイ4

ここがすごい⇒8万円で買える本格ロードバイク

ここだダメ⇒変速性能に大事な部分のクランクが貧弱で変速がスムーズにいかない

GIANTのDEFY4とよく比べられるロードバイクは?

ジャイアントのTCR

FELTのFアルミシリーズ

スコットのスピードスターシリーズ

アンカーのRFA5

メリダのスクルトウーラシリーズ

休日の運動に使うなら 1日30km前後

おすすめ度☆☆☆☆☆

安定性の高いフレームなので、マイペースでフィットネスと楽しむには最適。

ロングライドで使うなら 1日80km以上

おすすめ度☆☆☆☆☆

こちらもやや太めの25Cタイヤと低速でもふらつきの少ない設計なので、一人で長距離ライドを走っても疲れづらいです。

宿泊を含む旅で使うなら

おすすめ度☆☆☆☆

キャリアダボ穴がフレームにあいているので、しっかりしたリアキャリアが使えます。

タイヤの幅は25cが限界なので振動が気になりますが、宿泊荷物も運搬できるので、旅でも使えます。

自転車通勤に使うなら

おすすめ度☆☆☆☆

ハンドルが安定しているので、ストップ&ゴーの多い都会の通勤でも他のロードバイクよりは良く走ってくれます。

キャリアも装備できるので、パソコンなどの大荷物でもOK。

買い物に使うなら

おすすめ度☆☆☆

キャリアで荷物が入るので、買い物も対応します。

レースで使うなら

おすすめ度☆☆

ピュアレーサーに比べてハイスピード時コース取りの反応力に欠けます。

全体的にもさっとした乗り味なので、レースを目指す人はTCRシリーズの方がよいでしょう。

スピードの遅いヒルクライムなら車体は値段なりに重いですが、結構使えます。

 最適なフレームサイズの選び方はこちら

giant defy4

フレーム性能

クロスバイク フレーム

フレーム部分のメリット&デメリット

フレーム 素材はスタンダードな6061アルミ合金で、7000系のアルミに比べると強度は劣るがコストパフォーマンスに優れる。

フレームの中心部分を薄くするバテッドチューブにすることで、強度を落とさずに軽量化を実現している。

フォークは上下異径のテーパーヘッドコラムを採用しコーナリング時もぶれにくく、ペダリングパワーを逃がさない。10万円以下のロードバイクでは採用しているブランドは少ないので、お買い得ポイント。

フレームとフロントホイールをつなぐフォーク性能

 クロスバイク フォーク

Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム
カーボン素材のブレードで適度な振動吸収性がある。
下が太く、上が細いオーバードライブコラムで、コーナリングでよれにくい設計。他社でいうテーパーコラムと同じ内容。



Sponsored Links

前ギアのクランク性能

 クロスバイク クランク

PROWHEEL OUNCE 34/50T

プロホイール製でコストダウンされている所。
変速性能はかなり落ちるので、特に軽いギアから重いギアに移動するのが遅い。
剛性も低いので踏んだ力の推進力の変換も良くない。反面足への負担が少ないメリットもある。

チェーンの位置を動かす変速性能

 クロスバイク リアディレーラー

SHIMANO CLARIS 8S
ロードバイク用の入門グレードクラリスを装備。
変速性能や耐久性に大きな問題は無いですが、ギアをSRAM、チェーンをKMCでコストカットしているのでややレスポンスは低め。
リアのギアは32Tと大きめなので急坂でも軽いギアを選べる。

ブレーキ性能

 クロスバイク フォーク

TEKTRO R312
ブレーキテクトロでコストカットされている。
スピード調整はできるが、強く効かせるためにはかなり強く握る必要がある。

回転を支えるハブとホイール性能

クロスバイク ホイール

GIANTオリジナルのリムにフォーミュラのハブを組み合わせたホイール。
軽さはそこそこで、十分な強さと耐久性がある。

地面との接地を支えるタイヤ性能

クロスバイク タイヤ

25c幅のタイヤで23cが標準のロードバイクに比べてやや太め。
重量で不利ですが、クッション性は高め。

DEFYの4まとめ

シマノのロードバイク用入門グレードクラリスを装備。前2段、後ろ8段の16段変速。
10万円以下はクラリス以上をスペックしているバイクはほとんどないので、各社共通。それでもGIANTは5%ほど他社より安め。
クラリスと上位グレードのティアグラとを比べるとリアのギアが8枚VS9枚で異なるのが一番のポイント。
最小ギアと最大ギアは変わらないので、1枚多い分だけより細かくギアを選べるようになる。
それ以外は数十グラム重量が軽くなる程度でコンポーネントとしては大きな差は無い。

フロントのクランクは変速性能が劣るFSAのテンポを装備しているので、スパッとした変速レスポンスは期待できない。

その他気になる所

ブレーキキャリパーは低価格モデルの定番とも言えるテクトロR312で、急ブレーキは苦手。
レースやツーリングならロードバイクで急ブレーキをかけるシーンはほとんどありませんが、通勤で使うならハイグレードなシマノブレーキにグレードアップしておきたい。

ギア比はフロントがコンパクトギアで軽く、リアも32Tがかなり大きなギアが付いているので、かなり急斜面でも問題無く登れるメリットがある。
反面最適なケイデンス=足の回転数 を保つのは難しい。初心者はワイドギアの方が使いやすいです。

安くて軽いロードバイクを買いたい!ならかなりおすすめの1台です。

次ページは取り付けられるオプションパーツについて



Sponsored Links