軽量アルミフレーム ジャイアントのTCR0


スポンサーリンク

店では教えてくれないジャイアント TCR0の乗りやすさ、軽さ、耐久性、変速性能を独自の視点で分析。

本当に買うべきモデルか検証。

tcr0

ここがすごい⇒12万円で買えるレース仕様のロードバイク

ここだダメ⇒ブレーキの性能が低いので急ブレーキが苦手

価格¥135,000

フレーム性能

クロスバイク フレーム

ALUXX SL-Grade Aluminum OLD130mm

Giantアルミフレームの中でセカンドグレードのアルックスSL。
素材は6061アルミという安いアルミを使っているが、油圧成型を工夫して2段階で厚みを変化させている。
そのため少ないアルミ素材で剛性感の高いフレームを実現。

giant tcr0

フレームとフロントホイールをつなぐフォーク性能

 クロスバイク フォーク

Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム

ブレード部分がカーボンでステアリングコラムがアルミの複合素材フォーク。
この価格帯では標準的な組み合わせ。
フレームに入るコラムは上下異径で剛性をアップさせている。

前ギアのクランク性能

 クロスバイク クランク

 SHIMANO RS500 36/52T

シマノのティアグラと105グレードの間にあたる11段変速モデル。
最新の11段変速なので、後々グレードアップもやりやすい。
特にフロントはクランク性能が重要なのでここは◎。



スポンサーリンク

チェーンの位置を動かす変速性能

 クロスバイク リアディレーラー

シマノの105を装備した11段変速。
ロードバイクのギア数は上位モデルも11段なので、一部のディレーラーだけグレードアップも可能。
軽いギアが28Tなので、本格的なロードレーサーのギア構成。
急な登り坂では脚力が無いとギアが重過ぎて疲れやすい。

ブレーキ性能

 クロスバイク フォーク

TEKTRO R540

制動力の低いR540なので、急制動は苦手。
スピードコントロールには十分ですが、急ブレーキは本体がたわんでしまう。

回転を支えるハブとホイール性能

クロスバイク ホイール

GIANT P-R2

ジャイアントオリジナルのリムとフォーミュラブランドのハブを採用。
回転のスムーズさと耐久性は良好。

地面との接地を支えるタイヤ性能

クロスバイク タイヤ

ロードバイクとしては標準的な23cサイズのタイヤ。

1グレード安いジャイアントのTCR1についてはこちら

GIANT TCR0公式サイトはこちら

[バイクページ用10万クラス]



スポンサーリンク