フェルトのFR60は買い? Fとの違い FELT

ピュアロードのエントリーモデルフェルトのFR60

felt fr60 2017

店では教えてくれないFR60の乗りやすさ、軽さ、耐久性、変速性能を独自の視点で分析。
本当に買うべきモデルか検証。

ピュアレーサーとして開発されているフェルトのFR60をインプレッション。

Sponsored link

 F60価格

2017年モデル 998000円

他のブランドだと

ジャイアントのCONTEND 2が同じクラリススペックで¥78000

同じクラリススペックですが、2万円も違います。

一番の違いはクランクです。

FELTはシマノのクラリスクランクを採用していますが、GIANTはFSAのテンポです。

フロントクランクは変速性能に直結するので、シマノクランクを選んでおきたい所です。

あと、FRは28Cタイヤまで入るので、ロングライドや通勤にも使いやすいです。

Fシリーズと比較

Fシリーズにはクラリスグレードはありませんが、1つ上のグレードにはF95があります。

フレーム素材はF95が7000系に対して、FRシリーズは6000系のアルミを使用。

FRシリーズは適応タイヤ幅が広く、28Cまで入ります。

ヘッドベアリングはFシリーズは全て共通サイズですが、FRはサイズによってベアリング径を変更して乗り心地を最適化しています。

F FR
フレーム 7005 6061
最大タイヤ幅 23C 25C
標準タイヤ幅 25C 28C
ヘッドベアリング径 1サイズ 2サイズ
ブレーキ シマノ テクトロ

フレーム&フォーク性能

6061アルミ素材でアルミロードとしては標準的。

シートチューブの所が幅広なのが特徴。

BBシェルはねじ切りのJIS規格。シマノクランクが取り付けやすい。

フォークはブレードがカーボンでコラムがアルミ。

乗り心地が良く軽量。フレームに差し込むコラム部分がアルミなので、それほど軽量ではありませんが、10万クラスでは標準的。

変速性能

シマノのクラリスを採用。

リア8段変速×フロント2段の合計16スピード。

ギアの幅はリア12-32Tと十分に広く上位モデルと軽いギア、重いギアは変わらない。

ただ、1つづつのギアの差が大きく、速度に合わせて最適な回転数を維持するにはやや物足りない。

後でギアを増やすには変速レバーからディレーラーまで全部交換する必要があるので、あまり現実的ではありません。

できればリア10段のティアグラクラスがおすすめ。

フロント変速を支えるクランクはシマノのRS200で、良心的なスペック。

エントリーモデルですがスムーズに変速してくれます。

ブレーキ性能

このクラスのロードバイクは、ほとんどが安いテクトロブレーキを採用。

FELTのFR60も同じくノーブランドの安いブレーキを装備。

ある程度は止まりますが、握りこんだ時にピークのブレーキ力が弱いです。

足回り性能

FELTオリジナルのリムを装備。

22mmのワイドリムなので25Cタイヤに最適。
チューブレスシステムに対応しているので、高性能なチューブレスタイヤも使えることもメリット。

まとめ

レースモデルの入門グレードとしての位置づけですが、レースで走るには変速グレードがやや物足りない。

ロングライドで使うにはワイドタイヤにも対応しているのおすすめです。

次ページは取り付けられるオプションパーツについて

対応するオプションパーツ

Sponsored link

フェンダー 簡易ブレーキ取り付けタイプ →取り付けOK

ロードバイク フェンダー

簡易タイプはシートポストやブレーキマウントなど、1点だけで取り付けるタイプの泥除け。

雨の日に走るなら必須のパーツです。

下のフルタイプと比べて前方のカバー面積が少ないので時速30km以上で水たまりに入ると顔に泥水が飛んでくるのがデメリット。

取り外しはワンタッチで簡単にできるので、雨の日だけ使用することができます。

おすすめはBBBブランドのロードプロテクター。

他のフェンダーに比べて揺れないように補強が入っているので、簡易フェンダーですがしっかり取り付けできます。
値段も2000円以下なので良心的。

bbb ロードプロテクター クロスバイク用泥除け

BBB ロードプロテクターの最安値をAMAZONで見る

BBB ロードプロテクターの最安値を楽天で見る

簡易フェンダーについてさらに詳しく書いた記事はこちら

リアキャリアフレーム固定タイプ →取り付けOK

ロードバイク リアキャリア

フレームのダボ穴に固定するタイプの重い荷物に対応するキャリア。

3点で固定するので、20kgを超えるような荷物でも使える。

多少横から当たってもずれることもありません。

取り外すのは手間がかかるので、基本的につけっぱなしで使います。

パニアバッグを使うこともできます。

おすすめはミノウラのRC1200

クイックリリースで共締めして、シートポストで支える方式なので、ロードバイクにも取り付けられます。

耐荷重が7kgとやや少なめですが、ロードバイクのリア三角はあまり強くないので、重すぎる荷物はフレームにダメージを与える可能性があります。

他のキャリアを使ったとしても7kg以下にしておいた方が良いです。

MINOURA RC-1200の最安値をAMAZONで見る。

MINOURA RC-1200の最安値を楽天で見る。

フレーム固定式リアキャリアについてさらに詳しく


Sponsored link

・リアキャリアシートポスト固定タイプ →取り付けOK

ロードバイク シートポストリアキャリア

シートポストのみで支えるタイプのキャリア。

1点だけで固定するので10kg程度が限界。

小さな荷物をくくりつけて使います。

パニアバッグが使えないので、あまり大きな荷物は積めません。

重心も高くなるので、やや乗りづらい。

取り外しは簡単です。

おすすめはトピークのMTXのVタイプ。

重心が高いという欠点を改良するために、シートポストからキャリアにかけて下に下がったデザイン。

タイヤぎりぎりまで荷物を近づけられるので、安定性が高いです。

*身長150cm台の人は元々シートポスト位置が低いので、通常の下がっていないタイプで大丈夫です。

トピーク MTXビームVタイプの最安値をAMAZONで見る。

トピーク MTXビームVタイプの最安値を楽天で見る。

シートポストキャリアについてさらに詳しく


・前かご →取り付けNG

ロードバイク 前かご

前かごを取り付けるにはフロントキャリアが必要になります。

キャリアはブレーキマウントとフォーク穴にネジで固定して、その上にカゴを乗せます。

荷物の取り出しはしやすいですが、ハンドル操作に大きく影響する上に、ドロップハンドルが前に突き出ているので、カゴが入るスペースがありません。

Sponsored link

フロントキャリア→取り付けOK

バスケットはつけられませんが、キャリア単体は取り付けられます。

ちょっとした衣類や小物をロープで縛っておくのに便利です。

リアキャリアよりもコンパクトでロードバイクの見た目を損ないません。

おすすめは日東のM18

フロントダボ穴が無くても、フォークブレードで固定できるので、ロードバイクとの相性が抜群です。

9000円程度で値段は高めですが、普通のフロントキャリアはクロスバイク用に作られているので、ロードバイクには使えません。

仕上げも美しく耐久性の高いクロモリチューブで質感も良いです。

日東 M18キャリアの最安値をAMAZONで見る。

日東 M18キャリアの最安値を楽天で見る。


・フロントライト →取り付けOK

自転車 ライト

ハンドルバーに取り付けるライトはほぼ全てのロードバイクに取り付け可能です。

1000円台は電池式、2000円台からリチウム充電式になります。

毎日通勤で使うなら乾電池のランニングコストを考えるとリチウムイオン充電式を選びましょう。

明るさを示す指標としてルーメン、カンデラという単位が使われています。

ルーメンは光源全ての明るさ、カンデラは照射されている部分の一番強い部分の明るさです。

20ルーメンから1600ルーメンまでかなり明るさに幅があります。

都会を走る人でも暗い裏道を走ることを考えると、200ルーメン以上の明るさがあるものを選びましょう。

200ルーメンモデルは価格も3000円程度で手ごろな価格の割に電池の持ち時間も長く、バランスが一番良いです。

一番おすすめはキャットアイのボルト200

キャットアイ ボルト200 クロスバイク用ライト

日本の自転車ライトの専業メーカーで、スペック通りの明るさはもちろん、電池の持ちもスペック通りです。

もっと安く売られている懐中電灯型のライトなどは、200ルーメンと書いていながら半分の明るさしか無かったり、電池が30分しか持たないなど、粗悪品が多いので注意が必要です。

キャットアイのボルト200の最安値をAMAZONで見る。

キャットアイのボルト200の最安値を楽天で見る。

フロントライトについてさらに詳しく書いた記事はこちら


Sponsored link

・リアライト →取り付けOK

ロードバイク テイルライト

シートポストやシートステーに取り付けるライト。

後方からくる車に存在をアピールします。

5000円以上する高価な明るいモデルもありますが、2500円ぐらいの物で十分視認されます。

価格が高くて高輝度なモデルは電池の持ちも悪く、後方車両からまぶしいのであまりおすすめしません。

おすすめはキャットアイのラピッド3オート

照度センサーと振動センサーが内蔵されているモデルです。

ボタンを押さなくても、暗くなって乗り始めると勝手にスイッチがオンになるので、付け忘れの心配もありません。

左右からの視認性も良く、ブラケットも取り付けやすいので、一番おすすめのテールライトです。

キャットアイ RAPID3 AUTOの最安値をAMAZONで見る。

キャットアイ RAPID3 AUTOの最安値をAMAZONで見る。

リアライトについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・サドルバッグ →取り付けOK

roadbike サドルバッグ

サドルの下に紐で固定するタイプのバッグ。

500mlペットボトル1本分ぐらいの容量で常時携帯する修理セットを入れます。

中身はチューブ、タイヤレバー、ポンプ、ミニツールが定番です。

人によっては小銭やガムテープも入れます。

Mサイズだと結構狭いので、Lサイズの方が使いやすいです。

おすすめはトピークのエアロウェッジバッグ。

防水性が高く、サドルの裏側にフィットするカーブデザインで、Lサイズでも収まりが良いのでおすすめです。

トピークエアロウェッジバッグ クロスバイク用サドルバッグ

TOPEAK エアロ ウェッジパックの最安値をAMAZONで見る。

TOPEAK エアロ ウェッジパックの最安値を楽天で見る。

大型サドルバッグ

最近流行の大きな荷物を持つツーリングスタイル、バイクパッキングバッグもクロスバイクに取り付けることができます。

普通のサドルバッグの10倍の容量があるので、1泊2日のツーリングを想定している方はこちらを選びましょう。

重心が高くなるので、フレームバッグと組み合わせて使うのが基本です。

おすすめはブラックバーンのサドルバッグ

値段は12000円と高めですが、ブラックバーンのサドルバッグは固定力が高くて、大雨でも浸水してこないのでおすすめです。

ブラックバーン サドルバッグ クロスバイク

ブラックバーン シートパックの最安値をAMAZONで見る。

ブラックバーン シートパックの最安値を楽天で見る。

サドルバッグについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・トップチューブバッグ →取り付けOK

ロードバイク フレームバッグ

ハンドルの手前に取り付けるバッグ。

サドルバッグと違い、すぐに取り出せるので、サイフや地図、補給食などを収納しておきます。

物によってはペダリング中に足に当たるので、選定には注意が必要。

おすすめはトピークのフューエルタンク

防水性も高く、型崩れしずらいのでお勧めです。

形状も細身なので、小柄な人でもペダリングンの邪魔になりません。

スマホが操作できる状態で収納できるモデルもあります。
スマホ収納モデルはペダリングが内股気味だと膝にバッグが当たるので、近距離での使用がおすすめです。

リュウドトップチューブバッグ

リュウド トップチューブバッグをAMAZONで見る。

フレームバッグについてさらに詳しく書いた記事はこちら


Sponsored link

・スマホホルダー →取り付けOK

ロードバイク スマホマウント

ハンドルやステムにスマホを取り付けるためのホルダー。

トップチューブバッグに比べて足にあたる事を考えなくて良く、見やすい位置に固定できるのがメリット。

街乗りで一番使いやすいのはシリコンタイプの簡易ホルダーです。

ハンドルバーに固定式はホームボタンを押すと回転して使いづらいのですが、ステム方式だとそれがありません。

プラスチックで固定するタイプはスマホを固定していないときに結構邪魔なので、そちらもおすすめしません。

これのデメリットは雨に弱い所ですが、最近のスマホはiPhone含めて防水仕様になってきているので、少しぐらいの雨なら大丈夫になってきました。

おすすめはライトウェイのステム固定式

1500円程度で価格も安く、カバーを取り外さずにそのまま使えるのが普段使いにはうれしいです。

クロスバイクスマホマウント

RITEWAYスマートフォンホルダーの最安値をAMAZONで見る。

RITEWAYスマートフォンホルダーの最安値を楽天で見る。

強い雨の日も使う場合は全面を覆うタイプのホルダーの方が安心です。

全面タイプはカバーを外して使わないといけないのが面倒ですが、雨に強くいので安心です。

おすすめはトピークのドライバッグ

スマホの収まりが良く、ハンドルに固定するブラケットもしっかりしているので、落下の心配が無いので安心です。

トピーク スマホドライバッグの最安値をAMAZONで見る。

トピーク スマホドライバッグの最安値を楽天で見る。

自転車用スマホホルダーについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・ビンディングペダル →取り付けOK

ロードバイク ビンディングペダル

スキーのようにシューズとペダルが離れないようにするためのペダル。

ロードバイクの定番パーツはSPD-SLタイプですが、レースを主目的にするので無ければ、MTB用のSPDシステムビンディングが歩きやすくておすすめです。

スニーカーで走ることもある場合は、片面はビンディング、片面は普通の踏み面のペダルが使いやすいです。

おすすめはシマノのPD-A530

軽量で、価格も5000円程度なので一番値ごろ感のある片面式ビンディングペダル。

クロスバイク用ビンディングペダル SPD

シマノPD-A530ペダルの最安値を楽天で見る。

シマノPD-A530ペダルの最安値をAMAZONで見る。

SPDペダルには専用のビンディングシューズが必要です。

ソールの裏面に金具を固定する穴が開いています。

クロームのSPDシューズがおすすめ

そのままカフェに入っても違和感が無いおしゃれな見た目。

ソールも柔らかめなので歩きやすいのも魅力です。

13000円前後で買えます。8000円程度の安いシューズもありますが、見た目は断然クロームがオシャレです。

クローム SPDシューズ

クロームのSPDシューズの最安値をAMAZONで見る。

クロームのSPDシューズの最安値を楽天で見る。

ビンディングペダルについてさらに詳しく書いた記事はこちら。


サイドキックスタンド →取り付けNG

キックスタンド パーツ

Sponsored link

ロードバイクにスタンドNGと言われる理由

ロードバイクのフレームはMTBやクロスバイクに比べて薄く作られています。
キックスタンドは金属の板でフレームを挟み込んで固定する方式がほとんどなので、簡単にフレームがへこんでしまい、最悪の場合折れてしまうこともあります。
そのため、ロードバイクにはキックスタンドは基本的にNGなのです。
そんなロードバイクにも取り付けられるスタンドはいくつかあります。

ロードバイク用 キックスタンド

外出先で使えるスタンド

外出先でロードバイクに使えるスタンドはシートステイ固定式、クイックリリース固定式、BB固定式、ペダル固定式があります。

アルミフレームで定価が15万以下のエントリーロードの場合はシートステー固定式のスタンドが一番おすすめです。
ロードバイクは薄いから割れるという話もありますが、エントリーモデルのアルミフレームならアルミのクロスバイクとそれほど厚みは変わらないので、ねじの締め付けトルクを適正にすれば大丈夫です。

シートステー固定式

価格は安く1500円~2500円ぐらいで買えます。

おすすめはGIZAのスタンド

安くて、見た目もシンプルでおすすめです。
AMAZONでGIZAのスタンドの最安値を見る。

楽天でGIZAのスタンドの最安値を見る。

締め付けトルクに関しては4Nmぐらいで止めておきましょう。
4Nmは緩めなので、1か月に1回ぐらいは緩んでいないかのチェックも忘れずに。
最近はトルクレンチも4000円程度で買えるので、4Nm固定を1本持っておくと大事なロードバイクを壊さないで済みます。
4Nm固定のトルクレンチをAMAZONで見る。

4Nm固定のトルクレンチを楽天で見る。

シートステー固定式でも、1本だけで止めるスタンドは使わない方が良いです。
1箇所に負担がかかりすぎて破損、スタンドが回転してしまうことがあります。

クイックリリース固定式

スマートさを優先するなら、これが一番おすすめです。
ホイールを固定するためのクイックリリースにスタンドを挟み込んでしまうので、フレームパイプに影響がありませんのでカーボンロードバイクにも使えます。
使い方も普通のスタンドと同じように足で蹴るだけです。
これのデメリットは固定場所が1か所(一般的なスタンドは2か所で固定)なので、どうしてもガタが大きくなります。
ロードバイクの軽い車体なら大きな問題にはなりませんが、荷物を載せたりすると倒れやすいので注意が必要です。
あと、車輪を固定する部分に挟み込むので、定期的に緩んでいないかをチェックしないと危険です。

類似品が無く、買うならアップスタンド一択です。

アップスタンドの最安値を楽天で見る。

アップスタンドの最安値をAMAZONで見る。

ハブ差し込み式

安定性が高く、低価格、取り付けも簡単と3拍子揃っているのがハブ差し込み式です。

ロードバイク用ハブスタンド

使い方はシンプルに、車輪の軸をスタンドに差し込みだけです。
ロードバイクの自重で安定してくれます。
さっと入れるだけで、スタンドも非常にコンパクトなので、自宅用としては一番おすすめです。
価格も3000円程度とリーズナブル。

ハブスタンドをAMAZONで見る。

ハブスタンドを楽天で見る。

キックスタンドについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・スピードメーター(サイクルコンピューター) →取り付けOK

スピードメーター サイクルコンピューター

走っている現在のスピードや走行距離を計測してくれるパーツ。

ハンドルに固定していつでも確認できます。

スマホでも同じことができますが、電池の持ちなどを考えると専用モデルがおすすめです。

シンプルな有線式だと2000円ぐらいから買えますが、単純に速度を計測したり、積算距離をモニター上で確認しかできません。

せっかくサイクルコンピューターを使うなら、スマホと連携してクロスバイクライフを管理したいですね。

高機能モデルはガーミンのエッジ25Jがお勧め。

クロスバイク用サイクルコンピューター 

エッジ25JはGPSを本体に内蔵しているので、余計なケーブルやマグネットなどが不要で、そのまま取り付けるだけの簡単セッティング。

距離、標高、体重などのデータを基にカロリー計算を行ってくれて、そのデータをスマホのアプリで管理できます。

簡易ルート機能もあるので、事前に設定したコースをナビゲーションすることもできます。

オプションで心拍センサーとも連携できるので、正確なカロリー計測も可能です。

これだけ機能があって15000円なので、かなりお買い得です。

GARMIN エッジ25Jの最安値をAMAZONで見る。

GARMIN エッジ25Jの最安値を楽天で見る。

サイクルコンピューターについてさらに詳しく書いた記事はこちら


Sponsored link

・ベル →取り付けOK

自転車 ベル

素材によって音色が異なります。

安いアルミ素材は響きがイマイチ。

真鍮のベルは透き通った良い音がします。

おすすめはKNOGのOIベル

今までのベルと違って、ハンドルバーに巻き付けるタイプでスッキリとした見た目になります。

knog クロスバイク用ベル

2500円と普通のベルの倍以上しますが、ベルの装着は義務なので、このタイプが一番おすすめです。

KNOGのベルの最安値を楽天で見る。

KNOGのベルの最安値をAMAZONで見る。


・バックミラー →取り付けOK

交通量の多い道を走るなら取り付けておきたいパーツです。

腕に巻くタイプ、ハンドルの端っこにさすタイプや、バーエンドと一体になったタイプなど、固定方法は様々です。

一番おすすめはキャットアイのBM-45

ロードバイク用バックミラー_

昔からあるシンプルなタイプですが、固定がしっかりしているので、ミラーが振動せずに後方がしっかり見えます。

右側への出っ張りが少ないので、細い所をすり抜ける時も安心。

キャットアイBM-45の最安値をAMAZONで見る。

キャットアイBM-45の最安値を楽天で見る。

ドリンクボトル用ボトルケージ2本 →取り付けOK

ボトルケージ ロードバイク

走りながら水分補給ができるように、水筒をフレームに固定するためのパーツ。

基本は専用ボトルを使いますが、ペットボトルが使えるモデルもあります。

最低2個はボトルケージを固定する穴があるので、1個はドリンク、1個は工具入れにする人も多いです。

おすすめはトピークのモジュラーケージ

専用の自転車ボトルもペットボトルも両方使えるアジャスタブル機能があるので便利。

TOPEAKモジュラー ケージの最安値をAMAZONで見る。

TOPEAKモジュラー ケージの最安値を楽天で見る。

ボトルケージに入れるボトルはペットボトルよりも飲みやすくて、保冷力のあるサイクルボトルをメインにすると快適です。

おすすめはキャメルバックのポディウムボトル

保冷力が高く、本体が柔らかいので簡単に飲めます。

特殊な飲み口になっているので、いちいち蓋を開け閉めしなくてもすぐに飲めるのでストレスがありません。

CAMELBAK ポディウムチルの最安値を楽天で見る。

CAMELBAK ポディウムチルの最安値をAMAZONで見る。

Sponsored link

最後のページは旧モデルから最新モデルまでのフルスペック表

Sponsored link

 FR60公式サイト

[バイクページ用10万クラス]

2017年FR60フルスペック

  • Weight:

    10.55kg

  • Frame:

    Felt Race Road SuperLite Custom Butted 6061 aluminum, Dynaform TIG-welded construction, threaded BSA bottom bracket shell, replaceable rear derailleur hanger

  • Shock:

    n/a

  • Fork:

    Felt Race Road UHC Performance carbon fiber blades and dropouts with size specific ControlTaper aluminum steer tube

  • Headset:

    43 – 47cm: FSA IS-21 integrated, 1.125″” sealed cartridge bearing ; 51 – 61cm: FSA NO.38/42, 1.125″” – 1.5″” sealed cartridge bearing ; with Felt VariableHeight Cone Spacers (20mm PC, 4.5mm aluminum), 1 x 10mm + 2 x 5mm PC headset spacers, Felt carbon fiber top cap and aluminum bolt

  • Stem:

    Felt VariableAngle, ± 8°/16° rise, Ø31.8mm 43cm = 70cm 47cm = 80cm 51cm = 90mm 54 – 56cm = 100mm 58=110mm 61=120mm

  • Handlebar:

    Felt Ergonomic SL Road, short 65mm reach, 125mm drop, Ø31.8mm 43cm=380mm 47cm=380mm 51cm=400mm 54cm-56cm=420mm 58-61cm=440mm

  • Grips:

    Felt VelvetGel Tape with 3M Reflective Base

  • Bar Ends:

    Felt Bubble-Tech “F Wing”

  • Shifters:

    Shimano Claris

  • Front Derailleur:

    Shimano Claris clamp-on, Ø31.8mm

  • Rear Derailleur:

    Shimano Claris short cage

  • Crankset:

    Shimano RS200 43-47cm=165mm 51-54cm = 170mm 56-61cm=175mm

  • Chainwheel

    Shimano 50/34T

  • Chainguide:

    N/A

  • Bottom Bracket:

    FSA Square Tapered, 68 x 110.5mm

  • Pedals:

    N/A

  • Chain:

    KMC 8-Speed

  • Freewheel:

    Shimano 8-speed, 12-32T

  • Brake Levers:

    Shimano Claris

  • Brakes:

    Dual pivot caliper

  • Cables:

    Felt Slick brake and derailleur

  • Saddle:

    Felt SuperLite Road

  • Seat Post:

    Felt SuperLite Road, Ø27.2mm, 330mm length

  • Seat Post Clamp:

    6061 Aluminum with Cr-Mo bolt

  • Rims:

    Felt Road RSL3 (tubeless ready), 22mm Width, 24mm Depth

  • Front Hub:

    Felt R4, sealed bearing, 28H

  • Rear Hub:

    Shimano, sealed bearing, 32H, 9-speed (10-speed compatible)

  • Spokes:

    2.0mm stainless steel

  • Tires:

    Felt All Weather Road Design, Wire with PRB, 700c x 25c

  • Fenders:

    n/a

  • Kickstand:

    n/a

  • Accessories:

    n/a

Sponsored link

 FR60公式サイト