故障した時に困らないロードバイク選び

購入後の故障や修理など、1台目のロードバイク選びは分からないことがたくさんです

ロードバイク 故障

転倒して破損したり、ボルトが緩んでパーツが取れてしまったり、車やバイクに比べてロードバイクは故障する頻度は高いです。
軽量化をめざした最小限の強度で、カバーも無くむき出しで装着されているので、故障とまではいかないまでも、ちょっとした衝撃が調子が狂うこともあります。

故障した時のパーツ類の入手性について

スペック表を見ると、トレックというブランドのバイクに、たくさんの他社ブランドのパーツが付属しているのが分かります。
ロードバイクは完成車ブランドがフレームを設計し、ハンドル、ホイール、ギアなどは専門ブランドから調達するのが一般的です。
そのため、見たことのないブランド名が並ぶスペック表になっています。
国内でも流通していないブランドのパーツが付属していて、故障した時に修理できるのか不安に思うかもしれませんが、ほとんどのパーツは問題ありません。
ハンドルや、サドル、タイヤなどのパーツは一体で機能を果たす物なので、一部分だけ壊れて修理が必要ということは、まず発生しません。
修理が必要になったばあいは、そのパーツ全交換になります。
パーツ全体を交換する場合、ロードバイクの規格は統一されているので、国内で入手できるブランドのサドルやハンドルを購入すれば修復できます。

ただ、気にしなければならないパーツもあります。

スポークが壊れる可能性のあるホイール、ギアの消耗がある変速関連部品です。
特に特殊な形状をしているホイールは日本でアフターサービスをおこなっている、シマノ、マビックなどを選びましょう。
20万円以下のモデルに装着されているホイールは汎用品のスポークで修理できるので、心配する必要はありません。

↓次ページは走っていて故障しやすい場所について↓

Sponsored link

走っていて故障しやすい場所は?

ロードバイク 修理

一番気を付けたいのはディレーラーハンガー

変速機のディレーラーとフレームをつなげる役割をしているのがディレーラーハンガーです。
3cm程度のアルミの板で、フレームを守る役割を果たしています。
バイクから常に飛び出しているディレーラーは駐輪場などで最もぶつかりやすい所です。
外から押された時にフレームに直接ディレーラーが付いていると、フレームが破損してしまうので、代わりにディレーラーが曲がってフレームを保護します。
その役割のため、わざと曲がりやすく作られているハンガーは気が付かないうちに変形していることがあります。
曲がったまま走行すると、ホイールに巻き込まれて、ディレーラー、ホイール、チェーン、フレームの大部分が破損して修復不能になる場合があるので、特に注意しましょう。
チェック方法は、ディレーラーのケージと言われるチェーンが引っかかっている部分が地面と垂直になっているかで判断します。
斜めになっていたら自転車店にすぐ相談しましょう。

ブレーキのトラブルも注意

次に気を付けたいのがブレーキの片効きです。
ロードバイクのキャリパーブレーキは左右からホイールを挟み込む構造になっています。
普通は左右均等に接触し始めて、均等に当たありますが、外からの力で右だけ強く当たってしまったりすることがあります。
ディレーラーハンガーと同じく、外部要因で調子が狂ってしまうので、乗車時はいつも気を付けたい所です。
ブレーキを握らない状態でブレーキシューとホイールの隙間が左右均等であればOKです。
偏っている場合はブレーキ本体の左右を手て抱えて動かせば調整できます。工具は不要です。

パキパキと音が鳴ったら緩みをチェック

各部の緩みの初期段階として、力を入れるとパキパキと音が鳴る時はBB、ハブ、ヘッドなどが緩んでいるサインです。
どこが緩んでいるかのトラブルシューティングはお店の人に任せましょう。

まとめ

ロードバイクの故障で修理のパーツに困ることはほとんどありません。
細かいパーツが無かったとしても、規格が統一されているので、丸ごと交換すればOKです。
走っている時は、致命傷になるディレーラーハンガーのゆがみはいつもチェックしておきましょう。

[ソフトページ用]